トップページ

ステーション紹介

利用案内

諸規則

富浦ステーション

所在地/MAP

 


〒299-2404 
千葉県南房総市富浦町多田良851-1
電話: (0470)33−2094
FAX:(0470)33−4650

■JR内房線「富浦駅」より徒歩約15分

大きな地図で見る

 


教職員

 主  任

竹本 孝弘(併任)

 副 主 任

須之部友基

 技術職員 

石川 尚仙

 


施設/設備概要

[施設・設備]

総敷地面積 6,572m2
建物(鉄筋コンクリート) 2,470m2

宿舎・会議室・
実験室等

セミナー室(20名程度:1、体育室:1、小会議室(10名程度):1、洋室:5(シングルルーム:2,ツインルーム:3)、教職員室(和室):3、学生室(8人部屋):16、食堂:1、全天候型テニスコート:1

 


教育研究活動


 教育面では、海事システム工学科、海洋電子機械工学科1年次の新入生オリエンテーション、海洋実習、海洋資源環境学部1年生のフレッシュマンセミナー等が行われる。学内者によるセミナー・研修・実験等による利用のみでなく、学外者によるセミナー、その他多くのクラブ活動の合宿に利用されている。

 


施設周辺案内


 本ステーションは、館山湾の北端部を構成する大房岬の北に広がる富浦湾、多田良北浜に面している。大房岬は南房総国定公園の中心部に位置し、雄大な海蝕景観を有する良好な自然が残されている。気候は温暖で照葉樹林(暖温帯林)帯にあたり、ツバキやサカキなどの常緑広葉樹に覆われ、ツグミ、ウグイス、ルリビタキ、コゲラ、アオジなど多くの野鳥が見られる。第二次大戦中は岬一帯が首都防衛のために要塞化され、近年まで一般の人の立ち入りが出来なかったため、今日でもあちこちに戦争遺跡が残されている。また、大房岬一帯は1万年以上前の旧石器時代の人々の生活の痕跡が見られ、縄文時代から古墳時代までの多くの遺跡が記録されている。ステーション前に広がる多田良北浜は遠浅で波静かで、夏には大勢の海水浴客で賑わい、キャンプ場としても有名である。

 


上に戻る