東京海洋大学

MENU

情報公開Information disclosure

平成18年度第1回(H18.6.16 10:00~)

Last Update : 2007-03-31 06:16

平成18年度国立大学法人東京海洋大学 第1回経営協議会議事要録

日時 平成18年6月16日(金) 10時00分~12時00分
場所 東京海洋大学楽水会館大会議室
出席者 髙井学長、河野委員、島田委員、田畑委員、寺島委員、徳田委員、吉田委員、岡本理事、刑部理事、今津理事、垣添理事、松山海洋科学部長、藤田海洋工学部長、竹内大学院海洋科学技術研究科長、渡部事務局長
オブザーバー 松前監事、峰監事

議事

審議事項

1 学長選考会議委員の選出について

学長から、学長選考会議の設置については、国立大学法人法に規定があり、経営協議会及び教育研究評議会から同数をもって組織することとされており、本学では学長選考会議の員数は8名としたことから、経営協議会から4名を選出する必要がある旨の説明があった。
続いて、学長から以下の委員に学長選考会議委員をお願いしたい旨の提案があり、審議の結果、提案のとおり4名の委員を選出した。

  • 田畑委員
  • 寺島委員
  • 中須委員
  • 吉田委員
2 平成17年度の決算について

今津理事から、平成17年度の決算について、概略の報告があった。続いて、事務局から資料1-1「17年度決算のポイント」、資料1-5「独立監査人の監査報告書」について説明があり、引き続き学長から資料1-6「第2期事業年度財務諸表及び決算報告書に関する意見書」により説明を行い、審議の結果、原案のとおり承認した。
委員からの主な意見等は、以下のとおり。

  • 人件費を具体的にどのようにして削減していくのか。
  • 中央青山監査法人が業務停止になったが、決算等に支障はないか。
  • 交付金の減額に対する方策はあるのか。
  • 不正行為に関する対策は整備されているか。
  • アルバイト等職員に係る社会保険料の財源確保がなされているか。
3 平成17事業年度に係る業務の実績に関する報告書について

学長から、平成17年度の業務実績報告について、資料2「平成17事業年度に係る業務の実績に関する報告書(案)」のとおり作成した旨の説明の後、岡本理事から主に資料2「『平成17事業年度に係る業務の実績に関する報告書』の概要」により説明があり、審議の結果、原案のとおり承認した。

4 平成19年度概算要求事項について

学長及び今津理事から、資料3「平成19年度概算要求事項について(案)」により説明があり、審議の結果、原案のとおり承認した。
委員からの主な意見等は、以下のとおり。

  • 専門職大学院の設置について検討は行ったのか。
  • 海洋政策を扱う教育課程がこれまで以上に求められるようになってきている。
5 国立大学法人東京海洋大学会計規則の一部改正(減損会計関連)について

事務局から、資料4-1「減損会計導入に係る規定の整備について」等により説明があり、審議の結果、原案のとおり承認した。
委員からの主な意見等は、以下のとおり。

  • 減損会計の適用範囲を説明願いたい。
  • 減損会計は固定資産税額に影響を及ぼさないのか。

報告事項

1 平成17年度収入・支出状況【3月末最終確定版】について

事務局から、資料5「平成17年度収入・支出【3月末最終確定版】」により、平成17年度の収入・支出状況について報告があった。

以上

配付資料

  • 平成17年度決算のポイント(資料1-1)
  • 財務諸表及び附属明細書(資料1-2)
  • 決算報告書(資料1-3)
  • 事業報告書(資料1-4)
  • 独立監査人の監査報告書(資料1-5)
  • 第2期事業年度財務諸表及び決算報告書に関する意見書(資料1-6)
  • 平成17年事業年度に係る業務の実績に関する報告書(案)(資料2)
  • 平成19年度概算要求事項について(案)(資料3)
  • 減損会計導入に係る規定の整備について(資料4-1)
  • 減損会計について(資料4-2)
  • 国立大学法人東京海洋大学会計規則の一部改正(案)新旧対照表(資料4-3)
  • 国立大学法人東京海洋大学予算決算及び出納事務取扱細則の一部改正(案)新旧対照表(資料4-4)
  • 減損関係処理について(資料4-5)
  • 国立大学法人東京海洋大学固定資産管理細則の一部改正(案)新旧対照表(資料4-6)
  • 平成17年度収入・支出状況【3月末最終確定版】(資料5)

一覧に戻る

PAGE TOP