東京海洋大学

MENU

情報公開Information disclosure

平成26年度第2回経営協議会(H26.10.3 14:00~)

Last Update : 2014-10-21 10:01

平成26年度国立大学法人東京海洋大学第2回経営協議会議事要録

日時 平成26年10月3日(金)14時00分~16時05分
場所 東京海洋大学白鷹館2階多目的スペース1(品川地区)
出席者 岡本学長、會田委員、五十嵐委員、荻上委員、白須委員、田畑委員、宮原委員、鶴田理事、小川理事、賞雅理事、垣添理事、木村海洋科学部長、岩坂海洋工学部長、岡安海洋科学技術研究科長、関根事務局長
オブザーバー 今脇監事
事務担当者 松本財務部長、大堀学務部長、中里企画評価課長ほか事務関係者

議事

審議事項

1 東京海洋大学大学改革準備委員会規則の制定について

学長から資料1に基づき、本学の大学改革に必要な事項を審議するため東京海洋大学大学改革準備委員会を設置することについて説明があり、審議の結果、原案のとおり承認した。
委員からの主な意見等は、以下のとおり。

  • 規則の中で議決という文言が使われているが、平成27年4月から施行される改正学校教育法の趣旨に沿って、決定権は学長のみが有することを明確にすべきではないか。

上記の質問に対し、学長から以下のとおり説明があった。

  • 平成27年4月までに学内のすべての規則を見直す必要がある。今後本規則を含めて、改正学校教育法に合わせた見直しを行う。
2 目的積立金使用計画について

鶴田理事から資料2に基づき、申請のあった目的積立金使用計画について説明があり、審議の結果、原案のとおり承認した。

報告事項

○総務・財務

1 学長候補適任者の推薦について

学長及び白須委員から資料3-1~3-2に基づき、経営協議会学外委員が推薦する学長候補適任者として、岡本現学長を学長選考会議議長に推薦したことについて報告があった。

2 学校教育法及び国立大学法人法の一部を改正する法律について

鶴田理事から資料4-1~4-4に基づき、学校教育法及び国立大学法人法の一部を改正する法律の概要等について報告があった。

3 「国立大学法人の組織及び業務全般の見直しに関する視点」等について

学長から資料5-1~5-2に基づき、文部科学省から事務連絡のあった「国立大学法人の組織及び業務全般の見直しに関する視点」及び「国立大学法人の第3期中期目標・中期計画の項目等」の概要について報告があった。

4 平成25事業年度財務諸表の承認について

鶴田理事から資料6に基づき、平成25事業年度財務諸表が文部科学大臣の承認を受けたことについて報告があった。

5 平成26年度国立大学法人運営費交付金特別経費「「学長のリーダーシップの発揮」を更に高めるための特別措置枠」の配分について

鶴田理事から資料7-1~7-2に基づき、8月21日に文部科学省から平成26年度国立大学法人運営費交付金特別経費「「学長のリーダーシップの発揮」を更に高めるための特別措置枠」の配分について通知があったこと等について報告があった。
委員からの主な意見等は、以下のとおり。

  • 個別事業「人事・給与システムの弾力化」として、人件費の計上があるが、具体的な計画はどのようなものか。

上記の質問に対し、学長から以下のとおり説明があった。

  • 年俸制の拡充促進のためのインセンティブ経費として、使用する計画である。
6 平成27年度予算の概算要求について

鶴田理事から資料8に基づき、平成27年度国立大学法人運営費交付金概算要求の概要及び本学に関する概算要求の状況等について報告があった。

7 役員の報酬及び職員の給与の水準の公表について

鶴田理事から資料9-1~9-2に基づき、平成25年度の役員の報酬及び職員の給与の水準の公表について報告があった。

8 平成26年度人事院勧告について

鶴田理事から資料10に基づき、平成26年度人事院勧告の概要等について報告があった。

9 業務方法書の変更の認可について

鶴田理事から資料11-1~11-2に基づき、平成26年6月23日付けで文部科学大臣宛てに申請を行った業務方法書の変更が認可されたことについて報告があった。

○教育・学生支援

10 平成27年度入学試験及び平成26年度オープンキャンパス(夏)参加者数について

小川理事から資料12に基づき、本学の入試日程、入試状況及びオープンキャンパス(夏)の実施結果等について報告があった。

○研究・国際

11 Asia Maritime and Fisheries Universities Forum(AMFUF)2014の開催について

賞雅理事から資料13に基づき、本学で開催予定のAsia Maritime and Fisheries Universities Forum (AMFUF) 2014の概要等について報告があった。

12 ジャカルタシンポジウムの開催について

賞雅理事から資料14に基づき、本学の附属練習船海鷹丸のジャカルタ入港にあわせて開催予定のシンポジウムの概要等について報告があった。

○大学改革

13 東京海洋大学の将来構想について

学長から資料15-1~15-7に基づき、本学の大学改革関連事業の進捗状況及び文部科学省への提出資料等について報告があった。

○その他

14 平成25年度年次報告書について

鶴田理事から資料16に基づき、学生の保護者等からの昨年度の報告書への意見を踏まえて改善した平成25年度年次報告書を作成したことについて報告があった。

15 平成26年度9月期東京海洋大学学位・修了証書授与式及び平成26年度10月期東京海洋大学入学式 学長式辞について

学長から資料17に基づき、9月29日に実施した平成26年度9月期東京海洋大学学位記・修了証書授与式及び10月3日に実施した平成26年度10月期東京海洋大学入学式に係る学長式辞について報告があった。

意見交換

1 東京海洋大学の将来構想について

学長から本学の大学改革関連事業の進捗状況等について報告があった後、意見交換を行った。
委員からの主な意見等は、以下のとおり。

  • スーパーグローバル大学創生支援事業に採択されなかったことは、本学がグローバル化を目指す上で、どのような影響があるか。
  • 教員配置戦略会議については、実質的に機能するよう取組を進めていく必要がある。
  • 業績評価に基づく年俸制の導入に当たっては、本学では高い金額を提示して、高い能力の教員を確保していく方針なのか。
  • 入試倍率において海洋大が高い順位にあることは、社会から良い評価を得ているということである。大学改革において新学部を作る場合にも、就職に強い等の世間からの評価の高い本学の特徴が残るよう、世間へのアナウンスや卒業生への働きかけ等の取組についても継続していただきたい。
  • 新学部の設置について時間的な面は大丈夫か。スケジュールを確認したい。

上記の意見等に対し、学長から以下のとおり説明があった。

  • スーパーグローバル大学創生支援事業の不採択理由等については、今後正式に通知される予定であるが、現在実施している「グローバル人材育成プログラム」の成果は上がっており、これを着実に進めるとともに、本学が「我が国で唯一の海洋系大学」を掲げる以上、世界と伍する大学となるためにグローバル化は進めていかなくてはならない。
  • 教員配置戦略会議については、自律的な大学運営を行う上で、中長期的な構想を踏まえ、専門家集団としての各部門の意見と学外有識者の意見を出し合って「良い大学を作るため」の観点から検討を行い、学長が最終的に決定するものとしたい。
  • 財源の制約はあるが、年俸制を導入し高い能力の教員を確保するためには、高い金額を提示する必要があると認識している。
  • 就職等における現在の強みが新学部においても継続できるようにしていきたい。
  • 29年度から新学部への学生を受け入れるには、入試科目の公表や大学設置・学校法人審議会の審査等の手続を経る必要があり、来年度中には学内の準備を整える必要がある。スピード感を持って取り組んでいきたい。

以上

配付資料

平成26年度第1回経営協議会議事要録

  • 資料1 東京海洋大学大学改革準備委員会規則(案)
  • 資料2 平成26年度目的積立金使用計画(案) 他
  • 資料3-1 国立大学法人東京海洋大学長候補適任者の推薦について
  • 資料3-2 学長候補適任者の推薦について(回答)
  • 資料4-1 学校教育法及び国立大学法人法の一部を改正する法律案について(概要)
  • 資料4-2 学校教育法及び国立大学法人法等の改正の考え方について
  • 資料4-3 大学における内部規則・運用見直しチェックリスト(学校教育法の改正関係) 他
  • 資料4-4 今後の内部規則等の総点検・見直しの進め方について
  • 資料5-1 「国立大学法人の組織及び業務全般の見直しに関する視点」について
  • 資料5-2 国立大学法人の第3期中期目標・中期計画の項目等について
  • 資料6 平成25事業年度財務諸表の承認について(通知)
  • 資料7-1 平成26年度国立大学法人運営費交付金特別経費「「学長のリーダーシップの発揮」を更に高めるための特別措置枠」の配分について
  • 資料7-2 「学長のリーダーシップの発揮」を更に高めるための特別措置枠計画調書
  • 資料8 平成27年度東京海洋大学運営費交付金概算要求について 他
  • 資料9-1 国立大学法人等の役職員の給与等の水準について
  • 資料9-2 様式1公表されるべき事項 国立大学法人東京海洋大学の役職員の報酬・給与等について
  • 資料10 給与勧告の骨子
  • 資料11-1 国立大学法人東京海洋大学の業務方法書の変更の認可について
  • 資料11-2 国立大学法人東京海洋大学業務方法書
  • 資料12 平成27年度東京海洋大学入試日程 他
  • 資料13 General Program of the AMFUF 2014 他
  • 資料14 ジャカルタシンポジウムの開催について 他
  • 資料15-1 国際競争力強化のための海洋産業人材育成組織の構築
  • 資料15-2 平成26年度国立大学改革強化推進補助金 計画調書(概要)
  • 資料15-3 平成26年度国立大学改革強化推進補助金 計画調書(詳細)
  • 資料15-4 平成26年度国立大学改革強化推進補助金 設備明細書
  • 資料15-5 国立大学法人東京海洋大学の中期計画 新旧対照表
  • 資料15-6 国立大学法人東京海洋大学の中期目標・中期計画一覧表
  • 資料15-7 平成26年度国立大学改革強化推進補助金(総合支援型)申請に係る関係資料の提出について(依頼)
  • 資料16 平成25年度年次報告書
  • 資料17 平成26年度9月期 東京海洋大学学位記・修了証書授与式辞 他

一覧に戻る

PAGE TOP