東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

Advanced Seminar of Specialization (H30-B-012)

Last Update : 2018-08-20 10:50

合同セミナー【H30-B-012】

Advanced Seminar of Specialization 【H30-B-012】

「第36回 有機地球化学シンポジウム(2018品川シンポジウム)」

博士後期課程在学生 各位

To Doctoral Course Students

博士後期課程の合同セミナーのお知らせです。合同セミナー番号は次のとおりです。

Information of an Advanced Seminar of Specialization of doctoral course students, a seminar number is as follows,

合同セミナー番号【H30-B-012】

なお、品川地区は、学務部教務課大学院係(講義棟1階)のカウンター、越中島地区は、1号館事務室の掲示板前、の合同セミナーのバインダーに、それぞれ綴っております。

There is a file of the Advanced Seminar of Specialization as follows,

Shinagawa Campus: Graduate School Section

Etchujima Campus: Front of the bulletin board of the Administration Division

----------------------------------- 記 --------------------------------------

「第36回 有機地球化学シンポジウム(2018品川シンポジウム)」

日時:2018年8月30日(木) 9:30~18:00 講演会、ポスター発表、総会 

18:30~20:30 懇親会

   2018年8月31日(金)9:00~11:25 講演会

Date:30~31 August,2018

場所:東京海洋大学品川キャンパス白鷹館2階多目的スペース

Venue:Multi-Purpose Space, 2nd Floor, Hakuyo-Hall, Shinagawa Campus

概要:

日本有機地球化学会は、石油や石炭などの化石燃料の地球化学的側面から、資源探査や品位評価、成因の理解を目指す研究者の交流の場として1972年に発足した学会です。現在では、広く地球上の過去(38億年以上前)から現在まで、もしくは隕石や初期太陽系環境を模した無機物からの非生物的有機物合成も含め、有機化合物を分析することで地球史、生命史の解明に興味のある研究者が集っています。この学会が主催し年1回行われている有機地球化学シンポジウムでは、こういった国内外の研究者が一堂に集まり最新の研究成果の発表を行います。今でも、国際石油開発帝石(株)や石油資源開発(株)、出光興産(株)など石油をはじめとした化石燃料開発に携わる企業の技術者も発表を行うなど、最新の資源業界のトレンドにも触れることが出来ます。

※詳細は添付ファイルを参照ください。

Please check the attached file for the detail.

※合同セミナーとして参加(登録)する場合は、受付でその旨を伝えてください

 Please tell at the reception when you register at an Advance seminar of Specialization.

---------------------------------------------------------------------

担当教員:山中 寿朗(海洋環境科学部門  教授)

問合せ:t.yamanaka@kaiyodai.ac.jp

----------------------------------------------------------------------

Related Documents

Related Links(Jumps to other site)

Back to Index

PAGE TOP