東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

Advanced Seminar of Specialization(H30-B-019)

Last Update : 2018-11-02 14:51

 

合同セミナー【H30-B-019】

Advanced Seminar of Specialization 【H30-B-019】

「ハタ類の繁殖生理生態〜最終成熟機構と産卵関連行動を中心に〜」

博士後期課程在学生 各位

To Doctoral Course Students

博士後期課程の合同セミナーのお知らせです。合同セミナー番号は次のとおりです。

Information of an Advanced Seminar of Specialization of doctoral course students, a seminar number is as follows,

合同セミナー番号【H30-B-019】

なお、品川地区は、学務部教務課大学院係(講義棟1階)のカウンター、越中島地区は、1号館事務室の掲示板前、の合同セミナーのバインダーに、それぞれ綴っております。

There is a file of the Advanced Seminar of Specialization as follows,

Shinagawa Campus: Graduate School Section

Etchujima Campus: Front of the bulletin board of the Administration Division

----------------------------------- 記 --------------------------------------

「ハタ類の繁殖生理生態〜最終成熟機構と産卵関連行動を中心に〜」
日時:2018年12月18日(火)16:20~

Date&Time: December 18, 2018, 16:20~

場所:品川キャンパス2号館2階カンファレンスルーム(2)

Venue:Conference Room(2),2Bulding, Shinagawa Campus

使用言語:日本語

Language:Japanese

講演者:Speaker

征矢野 清 先生(センター長・教授)

長崎大学 環東シナ海環境資源研究センター

講演概要:Abstract

カンモンハタは、珊瑚礁域に生息する小型のハタ科魚類で、5月以降の満月大潮時に生息場所から移動し、産卵を終えて、再び生息場所に戻ることが知られています。本セミナーでは、カンモンハタが、いつ、どこで、どのように、成熟し産卵するかについて、生殖内分泌機構の月周リズム、フェロモンによる雌雄間のコミュニケーション、行動学的なアプローチによる産卵場環境の解明など、多面的な研究の成果をお話しいただきます。

---------------------------------------------------------------------

担当教員:吉崎 悟朗(海洋生物資源学部門 教授)

問い合せ:goro@kaiyodai.ac.jp

----------------------------------------------------------------------

Related Documents

Back to Index

PAGE TOP