東京海洋大学

MENU

EVENTSEvents

フィッシング・カレッジ9月講座を9月9日に開催

Last Update : 2013-08-08 15:19

フィッシング・カレッジ2013 9月講座のお知らせ 藻場は海のゆりかご

日時 2013年9月9日(月) 午後6時半より
場所 東京海洋大学品川キャンパス 7号館1F 多目的交流研修室
参加費 無料。どなたでも参加出来ます。申し込み不要。参加者アンケートにご記入ください。当日は遅れないように大学に来てください。(満員の際はお立ち席になったり配布資料が終了することがあります。予めご了承ください。)
講座概要 「藻場は海のゆりかご」
浅場に生える海草が魚たちを育てるという身近な生態学の話
講師 藤田大介(東京海洋大学 海洋科学部 海洋生物資源学科 准教授)

お誘いの言葉(奥山文弥・東京海洋大学産学連携推進機構 客員教授)

なぎさは陸と海が出会う線状の境界。その境界のすぐ近くの海に海草や海藻が生い茂る藻場があります。藻場は海藻や海草が作る草原状、森林状の群落です。と今回の講師の藤田さんは言います。そこは対応名生物の生息や生活の場です。そしてさまざまな幼稚魚の保育場でもあります。

また赤潮や青潮の原因となる過剰な栄養塩を吸収・滞留し、循環させています。そしてその藻は、私たちに人間にとっても有益で健康をもたらす食品や医薬品などにもなります。

まだまだ藻場の役割はたくさんありますが、今まで知らなかった藻場の生態や大切さをこの講義でぜひ学びんでください。海藻を見る目がきっと変わります。

東京海洋大学 産学・地域連携推進機構

フィッシングカレッジ

一覧に戻る

PAGE TOP