東京海洋大学

MENU

EVENTSEvents

東京海洋大学共催・公開コロキウム「Fukushima and the ocean」を開催します(3/14)

Last Update : 2014-03-03 10:19

公開コロキウム「Fukushima and the ocean」

東京海洋大学の共催で、公開コロキウム「Fukushima and the ocean」を下記により開催致します。

主催 日本海洋学会
共催 東京海洋大学、福島大学環境放射能研究所
日程 2014年3月14日(金) 15:30~17:30
場所 東京海洋大学白鷹館講義室
趣旨 福島第一原発事故による海洋環境汚染は、我が国沿岸で発生したものとしては初めての大規模な放射性物質による海洋汚染である。世界的に見ても海洋汚染の規模は最大級であり、短期間に特定の海域に高濃度の汚染水が流出した事象としては前例のないものであった。海洋汚染の現状については、特に海外への情報発信が必ずしも正確とは言えず、少なからず誤解を生んでいる側面がある。事故後にいち早く調査のための航海を実施し、国内の研究者とも共同で調査を行ってきた米国Woods Hole海洋研究所のKen Buesseler博士の来日の機会に、博士および日本海洋学会所属の研究者による講演を中心として公開コロキウムを開催する。本コロキウムでは、事故後の海洋汚染についての現状と今後の問題点について、科学的に正確な情報を提供することを目的に、参加者との質疑応答の時間も設ける。

本コロキウムは公開(参加無料)ですが、電子メールによる事前登録をお願い致します。なお、講演及び質疑応答は英語で行い、通訳等はありません。

プログラム、事前登録等の詳細は下記ページをご参照下さい。
公開コロキウム「Fukushima and the ocean」(英語・日本語)

一覧に戻る

PAGE TOP