東京海洋大学

MENU

EVENTSEvents

フィッシングカレッジ9月講座を9月8日に開催します

Last Update : 2014-08-12 10:19

フィッシング・カレッジ2014 和食文化と練り製品

日時 2014年9月8日(月) 午後6時半より
場所 東京海洋大学品川キャンパス 7号館1F 多目的研修室
テーマ 和食文化と練り製品
講師 山本真砂美(株式会社紀文食品、執行役員)
参加費

無料。筆記具持参。どなたでも参加出来ます。申し込み不要。

当日は遅れないように大学に来てください。参加者多数の場合、配布資料が終了したり、立ち見になることもあります。参加者にはアンケートをお願いいたします。あらかじめご了承ください。

ご案内(奥山文弥 東京海洋大学 産学・地域連携推進機構 客員教授)

昔は節日に魚を食べるということは身体的な栄養というより、吉日に魚を食べなければならないという精神的な栄養になると言う話もありました。魚は昔貴重品だったのです。流通網がなかったので海から離れた地域では魚はご馳走だったのです。正月にはブリ、サケ、タイを食べると言う古今東西の習慣がありますよね。

それに加え、世界遺産に登録になった和食のベースは魚食文化だったという話と、魚を保存するために考え出された練り製品の秘密。そして現在でも人気抜群の練り製品「おでん」の魅力と健康への栄養バランスについての講義です。

東京海洋大学 産学・地域連携推進機

フィッシングカレッジ

関連ページ

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP