東京海洋大学

MENU

EVENTSEvents

公開講座「続・鯨類学入門」(1/17・18の全2日間)

Last Update : 2014-11-17 14:13

平成26年度 東京海洋大学 公開講座
「続・鯨類学入門」

鯨類(クジラやイルカ)は陸上に起源を持つ哺乳類で、およそ5000万年前にカバ類に近い祖先から分化し、今では地球上のあらゆる水域に進出し、一部は海洋生態系の頂点に位置するなどユニークな生物群として繁栄してきました。また、鯨類は世界各地で古くから生物資源としても利用され、とりわけ我が国では独自の鯨食文化が育まれてきました。一方、近年ではその利用を巡って激しい対立が続き、IWC国際捕鯨委員会では毎年のように激しい議論が繰り広げられてきました。平成25年度、これら鯨類を対象として公開講座「鯨類学入門」を開講し、多数の方々に受講して頂きました。本年度は、続編をとのご要望に応え「続・鯨類学入門」と題した公開講座を開催致します。初めての方にも受講できるように構成致しましたので、是非ご参加下さい。

実施期間 平成27年1月17日(土)、1月18日(日)の2日間
プログラム(日程の入れ替えの可能性があります) 講義 1月17日(土)

平成25年度「鯨類学入門」を受講された方は、13:00開講式からご参加下さい。

10:30~12:00

「鯨類学概論 ~平成25年度「鯨類学入門」を受講されなかった方へ~」
東京海洋大学大学院 教授 加藤 秀弘

陸上歩行性の哺乳類でありながら、水域に高度に適応した鯨類。その多様性や進化の過程から生物と環境の関係を探りつつ、鯨との関係、さらに人類と地球環境について考えてゆきます。

(13:00~13:15開講式)
13:20~14:10

「IWC科学委員会では何を議論しているのか?」
東京海洋大学大学院 准教授 北門 利英

大型鯨類の資源管理を一元的に担っているIWC国際捕鯨委員会の科学委員会の議論内容に関して、世界のクジラの資源状況や、科学的議論において研究者間で言い分が異なる背景などを中心に、現IWC科学委員会議長がわかりやすく解説します。

14:20~15:10

「鯨類資源の管理をするための10か条」
東京海洋大学大学院 准教授 北門 利英

鯨類資源の持続的利用と管理について、何を調べないといけないか、何を知らないと実践できないか、などについて皆さんと一緒に考察したいと思います。

15:20~16:10

「クジラとマグロの資源管理比較考察」
東京海洋大学大学院 准教授 北門 利英

資源管理方策評価法の枠組みを通して、鯨類とマグロ類の資源管理手法を簡単に比較してみます。

16:20~17:00

希望者のみご参加ください。

「クジラの資源動態をシミュレートしてみよう!」
東京海洋大学大学院 准教授 北門 利英

クジラの資源量変動と将来の動向を計算する方法を、簡単な事例を基に手短に演習します。なお、こちらではPCの準備を致しません。エクセルがインストールされたPCを御持参下されば、御自身のPCにて作業いただけます。


1月18日(日)
10:30~12:30 「イルカ頭骨の観察と計測実習」 東京海洋大学大学院 助教 中村 玄 講義に引き続き、実際にイルカ類標本を用いながら、班単位にて計測やスケッチ等の実習を行います。
13:30~14:30 「鯨のかたち~東京海洋大学鯨類標本群の紹介~」 東京海洋大学大学院 助教 中村 玄 鯨ギャラリーに展示されている世界最大のセミクジラ骨格や、ハクジラ類の骨格などを用いて、鯨の形と機能の関わりについてわかりやすく解説します。
14:45~16:15 「鯨との関係、その将来」 東京海洋大学大学院 教授 加藤 秀弘 鯨の持続的利用を巡る国際情勢、多様化した人と鯨の関係、それらの現状を紹介し、今後の展望を予測して行きます。

開講式及び閉講式・修了証書授与を次の日時で予定しています。

  • 開講式:1月17日(土)13:00~13:15(※H25年度未受講者は10:30~講義)
  • 閉講式・修了証書授与:1月18日(日)16:15~16:30
会場 東京海洋大学品川キャンパス楽水会館大会議室(17日)、同白鷹館多目的スペース1(18日)
(東京都港区港南4-5-7)
募集人数

100名(先着順)

高校生以上の方を対象とします。

募集期間 平成26年12月1日(月)~平成26年12月18日(木)(必着)
申込方法 郵送又はFAXの場合

「平成26年度 東京海洋大学公開講座 申込書「続・鯨類学入門」」に必要事項を記入の上、上記募集期間中に到着するよう下記「申し込み・お問い合せ先」に郵送又はFAXでお申込ください。申込書は下記からダウンロードできます。

電子メールの場合

①所属 ②氏名(ふりがな)③年齢 ④住所 ⑤電話番号・FAX番号 以上を記載の上、下記メールアドレスあて送付願います。

メールの件名を『平成26年度公開講座申込』としてください。

受講料金

6,200円

高校生は3,100円

受講決定等の連絡の際に、受講料金の振込方法をお知らせします。

期間中1コマの受講も可能ですが、受講料金は上記金額となります。

申し込み・お問い合せ

東京海洋大学総務部国際・研究協力課 研究協力係
〒108-8477 東京都港区港南4-5-7

TEL:03-5463-4197
FAX:03-5463-0359
E-mail:kouza@m.kaiyodai.ac.jp

関連ドキュメント

一覧に戻る

PAGE TOP