東京海洋大学

MENU

EVENTSEvents

フィッシング・カレッジ2015 11月講座のお知らせ

Last Update : 2015-10-23 11:36

フィッシング・カレッジ2015 11月講座のお知らせ
世界にはばたく超電導の最先端と世界を釣る!

日 時 2015年11月9日(月)午後6時半より(受付開始6時、終了予定8時ごろ)
場 所 東京海洋大学品川キャンパス 7号館1F 多目的交流研修室
参加費

無料。どなたでも参加出来ます。申し込み不要。当日は遅れないように大学に来てください。参加者多数の場合、配布資料が終了したり、立ち見になることもあります。あらかじめご了承ください。

終了後 有志にて懇親会を行います。(有料・要予約)

講座概要 世界を釣る 講師 茂木陽一(世界を釣る釣り人、プロショップMOGIオーナー)
世界にはばたく超電導の最先端 講師 和泉充(東京海洋大学副学長)

ご案内 (奥山文弥・東京海洋大学産学地域連携推進機構客員教授)

本年3月、フィッシング・カレッジ100回記念の際に、和泉先生がお話された船舶推進超電導モータは今どうなっているのかもっと詳しく聞きたい、という要望にお応えして再登壇です。このモータの技術はさらに、潮流発電や洋上風力・波力発電などの海洋エネルギーを利用する発電にも応用できます。先生は海洋科学部の1年生にも"超伝導を超電導として使う"ための"ものつくりに"ついて講義をしています。その中で、「進歩のない者は決して勝たない」「最先端、世界一をなぜ追わなければならないのか?」「開発とはチャレンジと失敗の繰り返し、それをやらなきゃ進歩はない」という研究にかける思いも伝えています。

茂木さんは知る人ぞ知る世界の大物釣り人です。世界中を駆け抜けた彼が、今気にかけているのは激減している日本のクロマグロ。産卵期のクロマグロを漁船が獲りすぎているのが減少の原因だと主張し、国に対しても保護を呼びかけています。世界を釣り歩いた数多くのエピソード、しっかり管理されている国のマグロの魚影が素晴らしいことや世界の巨大魚の話が聞けますよ。お二人のトークにご期待ください。

東京海洋大学 産学・地域連携推進機構

フィッシング・カレッジ11月講座

関連ページ

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP