東京海洋大学

MENU

EVENTSEvents

フィッシング・カレッジ2019 8月講座のお知らせ

Last Update : 2019-07-22 14:50

フィッシング・カレッジ2019 8月講座のお知らせ
魚を釣る!飼う!

日時

2019年8月5日(月)午後6時半より(8時ごろ終了予定)入場開始は午後6時から

場所

東京海洋大学品川キャンパス 白鷹館 1階講義室

参加費

無料。事前申込不要。筆記用具持参。(参加者には、アンケートにご協力願います。)
※配布資料は十分用意しますが、参加者多数の場合は配布できない場合もありますので、あらかじめご了承願います。

テーマ

「金魚を飼う」〜涼と癒しを与えてくれる最も身近な魚の科学
「釣り餌の秘密」〜なぜ魚がエサに食いつくのか?

講師

岡本 信明    (東京海洋大学名誉教授)
川田 洋之助   (金魚銀座 座主・CEO)
長岡 寛     (マルキユー株式会社企画部次長)

ご案内 (奥山文弥・東京海洋大学 産学・地域連携推進機構客員教授)

 フィッシング・カレッジは、魚との関わりから水辺環境を考える公開講座です。
 魚は、「釣る」「食べる」という観点からの話題が多いかと思いますが、「飼う」「鑑賞する」という付き合い方もあります。特に、金魚は、簡単な水槽設備で飼育することができるので、家庭でもおなじみかと思います。また、夏祭りでの金魚すくい、浴衣や扇子の模様にも描かれることもあり、身近な存在です。
 金魚の祖先はフナですが、フナからどうやって金魚が生まれたのか、その仕組みと魅力等について、日本を代表する金魚博士の岡本先生と川田氏にわかりやすく、そして愉快に話をしていただきます。身近な魚類学の世界を体験してみてください。
 もう一つのテーマは、「釣り餌になぜ魚が食いつくのか」です。そのメカニズムについて講師は釣り餌の科学でおなじみの長岡寛氏が、わかりやすく解説していただきます。 
 今回も目からウロコが何枚も落ちるフィッシング・カレッジを楽しみにしてください。

  東京海洋大学 産学・地域連携推進機構

564.jpgのサムネイル画像 20190723_1
三宅島のイシガキダイと奥山

黒かった幼魚が赤くなった金魚の不思議

関連ドキュメント

一覧に戻る

PAGE TOP