東京海洋大学

MENU

EVENTSEvents

気仙沼市・東京海洋大学連携事業「"海と生きる"連続水産セミナー」第7シーズン第1回を開催します

Last Update : 2020-11-19 10:59

 本学は、宮城県気仙沼市と平成23年度末に連携協定を締結しており、これまで様々な取組を実施してきましたが、その一環として、平成26年度より、カツオ漁がシーズンオフとなる12月から翌年5月に、漁業者・水産関連事業従事者等の方々を対象に、「"海と生きる"連続水産セミナー」を年5回程度開催しています。
 この度、第7シーズン第1回の開催が決定しましたのでご案内します。今期はオンラインでの開催も予定していますので、幅広い地域の皆さまのご参加をお待ちしております。

【開催日程等】
第1回テーマ:「スマート水産業の可能性と課題-電子商取引を中心として-」
講 師:婁 小波(東京海洋大学 海洋政策文化学部門 教授)

開催日時:令和2年11月27日(金)午後3時~午後5時 
会 場:気仙沼市水産振興センター 第1・2研修室及びオンライン

要 旨:IT・ICT技術、IoT技術、AIの著しい進展等を背景に、いま第4次産業革命が世界規模で進行しているといわれています。過疎・高齢化、担い手不足や「空洞化」などの諸課題を抱えこむ水産業も、こうした時代の変化に対応する必要が求められ、水産庁では「スマート水産業」を実現するための取組が行われています。本講演では、とくに水産物をめぐる電子商取引(e・コマース)に焦点を当て、スマート水産業の実現可能性とその直面する諸課題について皆様とともに考えてみたいと思います。

  海と生きる2019.jpg
   "海と生きる"連続セミナーの様子(2019)

【主催】
気仙沼市・東京海洋大学

【申込方法】
本学三陸サテライトホームページをご参照ください。
三陸サテライトホームページ
https://www.kaiyodai.ac.jp/sanriku/information/2020/1118102110.html

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP