東京海洋大学

MENU

教育・国際交流Education and International exchange

インドネシア・ボゴール農科大学において国際シンポジウムを開催(2013/11/13-15)

Last Update : 2013-11-22 19:16

東京海洋大学は11月13日~15日に、インドネシアのボゴール市において、ボゴール農科大学及びインドネシアの研究機関の協力のもと国際シンポジウムを開催しました。本シンポジウムは、「健康で安全な海洋食資源研究のアジア教育・研究拠点形成事業」の一環として行われ、東京海洋大学からは岡本信明学長の他、16名の教員と学生が参加しました。 ボゴール農科大学とは、本学がまだ東京水産大学だった1994年に大学間交流協定を締結し、学生や教職員交流を活発に行っているところです。

健康で安全な海洋食資源研究のアジア教育・研究拠点形成事業では2011年から毎年海外の大学との合同シンポジウムを実施しており、今回は「海洋食資源の有効活用および安全性」をテーマに、様々な講演が行われ、東南アジア各国から多数の学生や教職員が参加しました。

インドネシア・ボゴール農科大学において国際シンポジウムを開催(2013/11/13-15)

一覧に戻る

PAGE TOP