東京海洋大学

MENU

教育・国際交流Education and International exchange

上海海洋大学との国際シンポジウムを開催(2017/11/20)

Last Update : 2017-11-28 11:25

 東京海洋大学は11月20日、中国上海市において、「組織再編下の海洋大学における特色ある教育研究の継承と革新」をテーマに、上海海洋大学と共同で国際シンポジウムを開催しました。東京海洋大学からは、竹内俊郎学長のほか、東海正副学長(国際担当)、佐藤秀一海洋生命科学部長、岡安海洋資源環境学部長、川辺みどり海洋生命科学部海洋政策文化学科主任、舞田大学院海洋科学技術研究科副研究科長、婁海洋生命科学部教授が参加しました。

 上海海洋大学とは、1997年に大学間交流協定を締結し、学生や教職員交流を活発に行ってきました。本シンポジウムは2006年以降、上海と東京で毎年1回交互に開催され、今回で11回を迎えました。

 シンポジウムでは、程裕東上海海洋大学長、竹内東京海洋大学長のあいさつに続き、鐘俊生上海海洋大学教授から本シンポジウムの趣旨の説明が行われました。その後、両大学の教員による様々な講演が行われました。シンポジウムの最後に行われた総合討論では、これまでの講演に関する活発な意見交換が行われました。

挨拶する竹内学長
挨拶する竹内学長

シンポジウムの様子
シンポジウムの様子

一覧に戻る

PAGE TOP