東京海洋大学

MENU

教育・国際交流Education and International exchange

JENESYS2017により太平洋島嶼国の学生が本学を訪問(2017/12/6)

Last Update : 2017-12-12 13:43

 外務省が実施している対日理解促進のための交流プログラムであるJENESYSプログラムにより、キリバス共和国、ナウル共和国、バヌアツ共和国、フィジー共和国、マーシャル諸島共和国、ミクロネシア連邦の6カ国から合計23名の学生が品川キャンパスを訪問しました。佐藤学部長(海洋生命科学部)より東京海洋大学の概要についての説明が行われ、海洋生物資源学部門の濱崎活幸教授より「Coconut Crab」についての講義が行われました。また、訪問学生より踊りが披露され、本学の学生4名と昼食を取りながら交流を行いました。

講義の様子
講義の様子

171206_2.jpg
講義の様子

踊りのパフォーマンス
踊りのパフォーマンス

集合写真
集合写真

昼食の様子
昼食の様子

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP