東京海洋大学

MENU

教育・国際交流Education and International exchange

東京海洋大学・全南大学校ジョイントセミナー「日本水産加工食品の現在と未来」を実施(2018/6/1)

Last Update : 2018-06-12 14:54

 平成30年6月1日、韓国の全南大学校(Chonnam National University)よりDr. Choi Sang Duk水産学部長他3名及び全南大学麗水キャンパス総同窓会のメンバー約20名が本学を訪問し、東京海洋大学・全南大学校ジョイントセミナー「日本水産加工食品の現在と未来」を実施しました。
 シンポジウムは、東海正理事による開会挨拶の後、本学より食品生産科学部門の岡崎惠美子教授と渡邊学准教授、全南大学より水産学部のLee Kyoung Hoon教授が発表を行いました。発表後は活発な質疑応答が行われました。
 なお翌6月2日には、本学の楽水会総会に陪席し、竹内学長及び楽水会との意見交換が行われました。
 シンポジウム及び同窓会どうしの交流により、今後本学と全南大学校の一層の交流促進が期待されます。

東京海洋大学・全南大学校ジョイントセミナー「日本水産加工食の現在と未来」プログラム

  1. 開会の辞  (東海理事) 
  2. 講演:日本における水産物加工と消費の動向(食品生産科学部門 岡崎 惠美子 教授)
  3. 講演:韓国における水産資源管理の現状と見通し(Dr. Lee Kyoung Hoon, College of Fisheries and Ocean Science, Chonnam National University)
  4. 講演:次世代の水産物流通を目指す最新の冷凍技術(食品生産科学部門 渡邊 学 准教授)
  5. 閉会の辞 (食品生産科学部門 嶋倉 邦嘉 准教授)

東海理事による開会挨拶

講演(岡崎教授)

講演(Prof.Lee)