東京海洋大学

MENU

教育・国際交流Education and International exchange

日本学術振興会(JSPS)研究拠点形成事業セミナーを開催(2018/6/28)

Last Update : 2018-07-23 11:00

平成30年6月28日、東京海洋大学品川キャンパスにおいて日本学術振興会(JSPS)研究拠点形成事業(B型 アジア・アフリカ学術基盤形成型)にかかるセミナーを開催しました。
本事業は「東南アジア魚介類種苗生産技術開発センターネットワーク拠点の形成」をテーマとして本学の佐野元彦教授(学術研究院海洋生物資源学部門)を代表とし、平成30年度より開始されました。セミナーでは、本事業に参加している東南アジアの5カ国(フィリピン・インドネシア・マレーシア・タイ・ベトナム)の研究者と研究代表者の佐野教授がそれぞれの国での養殖の現状と課題を発表しました。
続いて午後には国別の研究チームに分かれてキックオフミーティングを行い、今後3年間の具体的な研究計画について話し合いました。

<プログラム>
日本学術振興会研究拠点形成事業 公開セミナー
「東南アジアにおける養殖の現状と課題」

1.オープニング
2.「インドネシア」Dr. DESRINA (ディポネゴロ大学)
3.「マレーシア」Dr. Mohammad Tamrin Bin MOHAMAD LAL (マレーシア大学サバ校)
4.「フィリピン」Dr. Evelyn Grace de Jesus AYSON(東南アジア漁業開発センター養殖部門)
5.「タイ」Dr. Chutima KHOMVILAI(タイ農業・協同組合省水産局)
6.「ベトナム」Dr. Nguyen Huu NINH(ベトナム国立第3養殖研究所)
7.「日本」Dr. Motohiko SANO(東京海洋大学)
8.クロージング

セミナーの様子左.jpg

セミナーの様子

セミナーの様子右.jpg

セミナーの様子

しゅうごうしゃしん.jpg

集合写真

一覧に戻る

PAGE TOP