東京海洋大学

MENU

教育・国際交流Education and International exchange

海洋における日中韓高度専門職業人育成-海洋環境・エネルギー分野における国際教育-第11回JCKシンポジウムを開催

Last Update : 2018-11-29 10:43

 平成30年11月20日、第11回JCKシンポジウムが開催されました。中韓のコンソーシアム校より、中国海洋大学からWang Shuguang教授ほか2名、上海海事大学からLei Li副院長ほか1名、浙江海洋大学からYu Jianfeng組織部部長ほか2名、上海海洋大学からZHONG Junsheng教授ほか3名、大連海事大学からXu Dan副研究科長ほか2名、韓国海洋大学校からHuh Cheol教授ほか2名の職員が出席しました。本学からは、本事業の実施責任者である舞田大学院海洋科学技術研究科副研究科長、佐藤海洋科学部長、岡安教授、胡教授、渡邊豊教授、渡部大輔准教授ほか4名の職員が出席しました。

 本シンポジウムは、平成22年度に採択された文部科学省・大学の世界展開力強化事業「キャンパス・アジア」中核拠点支援事業(旧:日中韓等の大学間交流を通じた高度専門職業人育成事業(通称「JCK」※))の運営等について協議を行うために設置され、これまで平成24年3月から平成29年11月にかけて10回開催されています。

 今回のシンポジウムでは、舞田大学院海洋科学技術研究科副研究科長より本プログラムの概要及び学生の選抜方法について詳細な説明が行われた後、卒業生の進路についての情報交換が行われました。また、今後の本プログラムの継続に向けた経費負担及びダブルディグリープログラムへの発展について活発な議論がなされました。

 来年度に行われる第12回のJCKシンポジウムは上海海洋大学で開催される予定です。

 

122.jpg

         シンポジウムの様子

※東京海洋大学では、「環境・エネルギー」分野における日中韓三国の大学間交流プログラムを博士前期課程で設置しています。(「海洋環境・エネルギー専門職育成国際コース」)
https://www.g2.kaiyodai.ac.jp/main/JCK-program/ja/index.html



一覧に戻る

PAGE TOP