東京海洋大学

MENU

教育・国際交流Education and International exchange

インドネシア寄港中の海鷹丸において国際シンポジウムを開催(2018/11/26)

Last Update : 2018-12-11 13:33

 2018年11月26日に、インドネシア、ベノア港に寄港中の海鷹丸において、国際シンポジウムを開催しました。
 本シンポジウムは、附属練習船「海鷹丸」の南極航海における寄港地インドネシア、ベノア港への入港に合わせ、練習船を利用した国際交流の推進と、インドネシアを中心とした東南アジア諸国の協定校とのネットワーク強化を目的として行われたものです。インドネシア、シンガポール、タイ、ミャンマーからの協定校や本学卒業生等46名が参加し、竹内学長による開会挨拶に引き続き、参加機関の発表と活発な意見交換が行われました。
 シンポジウム終了後には、引き続き海鷹丸見学会とレセプションが行われました。レセプションには在デンパサール日本総領事館より千葉広久総領事にも参加いただき、田畑楽水会会長より乾杯挨拶をいただきました。海鷹丸に乗船している本学水産専攻科の学生による歌の披露や参加者全員によるインドネシアの歌などもあり、大いに盛り上がりました。
 本シンポジウムの開催により、インドネシアをはじめとした協定校を含め、関係機関とのさらなる教育研究交流の推進が期待されます。
 なお、本イベントは、外務省ロゴマーク使用の認定を受け、「日本―インドネシア国交樹立60周年」記念イベントの1つとして実施されました。

【シンポジウム参加機関 (13機関)】

国名

参加機関名 

インドネシア

ボゴール農科大学

サムラトゥランギ大学

リアウ大学

ディポネゴロ大学

ムラワルマン大学

ハサヌディン大学

ゴンドール研究所

シンガポール

シンガポール海事アカデミー

タイ

東南アジア漁業開発センター(SEAFDEC)

ワライラック大学

チェンマイ大学

ミャンマー

ミャンマー海事大学

ミャンマー農業・牧畜・灌漑省水産総局

※本学からは、竹内学長、苫米地事務局長、東海国際担当理事、インドネシアの協定校窓口教員4名(馬場教授、武田教授、今田教授、芳賀准教授)、関係事務職員が参加。また、楽水会から田畑会長及び黒岡理事が参加。
加えて、レセプションには、インドネシア政府海洋担当調整府より2名、日本の環境省より1名が参加。

148.jpg 149.jpg 150.jpg

(竹内学長開会挨拶)

(東海理事プレゼンテーション)

(参加機関プレゼンテーション)

151.jpg 152.jpg

(集合写真)

(千葉在デンパサール日本総領事とともに集合写真)

153.jpg 154.jpg 155.jpg

(野田船長レセプション挨拶)

(千葉在デンパサール日本総領事レセプション挨拶)

 (田畑楽水会会長レセプション乾杯挨拶)

156.jpg 157.jpg

(海鷹丸乗船学生による歌の披露)

(参加者によるインドネシアの歌)

一覧に戻る

PAGE TOP