東京海洋大学

MENU

教育・国際交流Education and International exchange

浙江海洋大学(中国)から教員1名、学生11名が本学を訪問 (2018/12/12-14)

Last Update : 2018-12-25 13:55

 平成30年12月12日並びに14日に浙江海洋大学より船舶と機電行程学院の大学院生11名並びに引率教員1名が来日し、12日は本学品川キャンパス、14日は越中島キャンパスを訪問しました。
 12月12日の品川キャンパス訪問においては、午前中に浙江海洋大学窓口教員の胡夫祥教授(海洋生物資源学部門)からの大学紹介並びに講義が行われました。また、午後には本学マリンサイエンスミュージアムを見学し学芸員の解説に熱心に聞き入っていました。
 また12月14日の越中島キャンパス訪問では、塚本海洋工学部長による海洋工学部の紹介、および岩坂部門長による海事システム工学部門の紹介を受けた後、一行はエンジン施設(ディーゼル機関)および明治丸と明治丸ミュージアムを見学しました。

参考情報として、7月には、浙江海洋大学から教員3名と学生28名が品川キャンパスを訪問し、11月には、東海理事・副学長と、浙江海洋大学との交流における窓口教員である胡夫祥教授(海洋生物資源学部門)が、浙江海洋大学60周年記念式典へ出席するなど、近年頻繁に交流が行われています。

【品川キャンパス】

178.jpg 179.jpg
品川キャンパスでの胡教授講義中の様子 マリンサイエンスミュージアムの見学

【越中島キャンパス】

180.jpg 181.jpg
塚本学部長による海洋工学部紹介

岩坂部門長による海事システム工学科紹介

182.jpg 183.jpg
エンジン施設見学

塚本学部長によるミニ講義

184.jpg 185.jpg
明治丸前にて集合写真

ガイドによる明治丸ミュージアムの見学

一覧に戻る

PAGE TOP