東京海洋大学

MENU

教育・国際交流Education and International exchange

日比交通ロジスティクス国際セミナー

Last Update : 2020-02-13 15:46

本学グローバル教育研究推進委員会で実施している公募事業「東京海洋大学国際共同研究促進のための交流支援事業」により、流通情報工学部門の兵藤教授がフィリピンから研究者を招聘して国際セミナーを実施しました。以下、兵藤教授による報告の概要です。

【目的】

フィリピン大学の交通・物流専門の教授を招き交流促進方策について議論するとともに,国際セミナーを開催することで本学の研究者や大学院生に新たな知見を与えることを目的とする.

【概要・成果】

2019年11月19日、越中島キャンパスの越中島会館2階・多目的教室で行われた国際セミナーでは,本学からは3名(兵藤哲朗教授,渡部大輔准教授,苦瀬博仁名誉教授),フィリピン大学からは2名(LIDASAN教授,BASILIO准教授)の発表があった.開催時間は13:30から16:30の3時間である.フィリピンと日本のロジスティクスに関わる話題提供があり,活発な議論が交わされた.特に,フィリピン大学から社会人博士課程・修士課程の学生が12名もセミナーに参加しており,英語による意見交換が行われ,極めて国際色の豊かなセミナーとなった.

【期待される効果】

今回は,フィリピン大学から12名の社会人博士・修士課程の学生の参加も得ることができて,国際セミナーの名に恥ない有益な内容であった.参加した20名以上の本学の博士課程,修士課程,学部の学生にとっても,外国人が多数参加する国際セミナーの雰囲気を伝えることができたのは大きな成果であったと自負している.

セミナーのプログラム

70014.jpg
70015.jpg

集合写真

70016.jpg

セミナーの様子

70017.jpg
左から2番目がLIDASAN教授
右から2番目がBASILIO准教授

一覧に戻る

PAGE TOP