東京海洋大学

MENU

教育・国際交流Education and International exchange

2021年度東京海洋大学・韓国海洋水産開発院国際共同セミナーを開催しました

Last Update : 2021-11-15 11:06

 令和3年11月8日、本学は韓国海洋水産開発院(Korea Maritime Institute(KMI))と国際共同セミナー「2021 KOREA-JAPAN International Joint Seminar on Maritime Affairs ~ Cooperation between Japan and Korea for Sustainable Development」を開催しました。

 本セミナーは、2011年に両機関の研究交流の促進と発展を目的としてスタートし、以後両機関で交互に開催してきたものです。8回目の開催となる今回は、新型コロナウイルス感染症の影響により両国間の移動が困難な状況にあることから、オンラインで開催し、学外からの参加者を含め両国合わせて59名が参加しました。

 セミナーは、Kim Jongdeog KMI副院長による開会の挨拶で幕を開け、引き続き、本学の舞田教育・国際担当理事による挨拶の後、現在両機関で重点的に取り組んでいる分野のうち、人工知能(AI)や海洋ごみの分野について両機関の研究者からそれぞれ研究内容の発表が行われました。

 第二部の総合討論では、今回の主要テーマである持続可能な開発に関連してカーボンニュートラルに関する両機関の研究状況について質疑応答が行われ、当該分野における両機関の協力体制について議論が行われた他、本学学生からKMIにおけるインターンシップ実施の可能性について期待する声があがり、舞田理事からも、本年度より開始する日中韓及びASEANの7大学による教育交流プログラム「オケアヌスプラスプログラム」へのKMIによる協力について提案がありました。

その後、次回以降の本セミナーのテーマや、今後の実施の方向性について活発な意見交換が行われ、Nam Jungho KMI海洋研究本部長による実務者会議開催の提案に対し同意がなされた上で、舞田理事による閉会の挨拶で幕を閉じました。

 このセミナーを通じて、国の政策的な研究機関として社会的な課題解決を目指した研究を進めているKMIと、大学として幅広く海洋関連分野の学術研究を推進している本学が、異なる分野のアプローチからの総合的な研究交流を深めることは、両機関にとって非常に重要かつ有益であることが改めて確認されました。本学は、今後も研究成果の共有等を通じてKMIと活発な交流を継続してまいります。

プログラムはここに掲載しています。

 

opening remarks.png
Kim Jongdeog KMI副院長による開会の挨拶

welcoming remakrs.png
本学舞田理事による歓迎の辞

group2.png
セミナーの様子

画像2.png
セミナーの様子

一覧に戻る

PAGE TOP