東京海洋大学

MENU

教育・国際交流Education and International exchange

大学院海洋科学技術研究科

教育目標

研究科においては,地球規模での海洋に関わる諸問題の解決と海洋自体の持つ可能性を追求し,博士前期課程では専門基礎教育に立脚した高度専門職業人を養成し,博士後期課程では先端領域を切り拓く自立した高度専門職業人や研究者を養成することを教育研究上の目的とする。

(出典:「東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科における教育研究上の目的に関する規則」)

アドミッション・ポリシー

博士前期課程

1.受け入れる学生に求める関心・意欲

大学院海洋科学技術研究科博士前期課程では、時代や社会に機動的に対応でき、地球規模での海洋に係わる諸課題の解決に創造的に立ち向かい、かつ、海洋とその関連産業分野における先端領域を切り拓く、意欲と能力を持つ学生を求めます。

2.受け入れる学生に求める学修成果

(知識・技能)

(1)博士前期課程における専門分野の学習に必要な海洋・水産・海事に関する基礎的な専門知識と実験・実習等で培われた研究の遂行に必要な技術の修得

(2)異分野との協働やグローバルに活躍する人材に求められる幅広い教養と国際的・文化的素養

(思考力・判断力・表現力等の能力)

(3)社会的背景を踏まえ、解決すべき課題について論理的に思考し、問題解決に向けた適切なアプローチができる基礎的な能力

(4)自分の考えをわかりやすく他者に伝える表現力

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

(5)積極的に他者と交流するコミュニケーション能力と社会に対する責任感

3.入学者選抜での評価方法

博士前期課程

入学者選抜に際しては、「求める学生像」にふさわしい学生を選抜するため、一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜および外国人留学生特別推薦選抜を実施し、学生を選考します。

・一般選抜(口述試験または学力試験)

口述試験では、口述試験結果、成績証明書、入学定員等を考慮して総合的に評価を行います。

学力試験では、学力試験成績、成績証明書、入学定員等を考慮して総合的に評価を行います。

・社会人特別選抜

学力試験成績、成績証明書、入学定員等を考慮して総合的に評価を行います。

・外国人留学生特別選抜

学力試験成績、成績証明書、入学定員等を考慮して総合的に評価を行います。

・外国人留学生特別推薦選抜

書類審査または口述試験により総合的に評価を行います。

4.選抜方法と学習成果の評価(◎=大きい比重、○=小さい比重)

博士前期課程

(1)海洋科学技術に関する専門的知識と技能

(2)幅広い教養と国際的・文化的素養

(3)論理的思考による課題探求能力と問題解決能力

(4)知識を有効に活用できる実践力

(5)コミュニケーション能力と社会に対する責任感

○一般選抜(口述試験)

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

成績証明書

志望理由書

口述試験

○一般選抜(学力試験)

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

成績証明書

志望理由書

筆記試験

口頭試問

○社会人特別選抜

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

成績証明書

志望理由書

小論文

口頭試問

○外国人留学生特別選抜

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

成績証明書

志望理由書

筆記試験

口述試験

○外国人留学生特別推薦選抜

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

成績証明書

志望理由書

口述試験

博士後期課程

1.受け入れる学生に求める関心・意欲

大学院海洋科学技術研究科博士後期課程では、時代や社会に機動的に対応でき、地球規模での海洋に係わる諸課題の解決に創造的に立ち向かい、かつ、海洋とその関連産業分野における先端領域を切り拓く、意欲と能力を持つ学生を求めます。

2.受け入れる学生に求める学修成果

博士後期課程

(知識・技能)

(1)自立した研究者として海洋・水産・海事における諸課題の解決に独創的に取り組むための高度に専門的な知識と研究手法の修得

(2)幅広い教養と国際的・文化的素養

(思考力・判断力・表現力等の能力)

(3)自身が行う研究について学術研究における倫理性と学術的意義を理解し、適切な研究計画を立案し遂行できる能力

(4)得られた研究成果を論理的に説明できる能力

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

(5)自身の行う研究と社会との関わりについて自覚し、異分野の研究者や国際的な交流を通して多様なアプローチを考案しながら問題解決に結びつける積極性

3.入学者選抜での評価方法

博士後期課程

入学者選抜に際しては、「求める学生像」にふさわしい学生を選抜するため、一般選抜、進学者選考、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜および外国人留学生特別推薦選抜を実施し、学生を選考します。

・一般選抜

学力検査、成績証明書等により総合的に評価を行う。

・進学者選考

学力検査の結果をもとに総合的に評価を行う。

・社会人特別選抜

学力検査、業績の評価、成績証明書等により総合的に評価を行う。

・外国人留学生特別選抜

学力検査、成績証明書等により総合的に評価を行う。

・外国人留学生特別推薦選抜

書類審査または口述試験により総合的に評価を行う。

4.選抜方法と学習成果の評価(◎=大きい比重、○=小さい比重)

博士後期課程

(1)海洋科学技術に関連する幅広く高度に専門的な知識

(2)幅広い教養と国際的・文化的素養

(3)学術的意義、新規性、独創性、応用的価値を有した学術論文を作成する能力

(4)研究の推進能力、研究成果の論理的説明能力

(5)学術研究における倫理性と社会に対する責任感

○一般選抜

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

成績証明書

志望理由書

修士論文

修士論文要旨

業務実績報告書

研究業績報告書

筆記試験

口述試験

○進学者選考

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

口述試験

○社会人特別選抜

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

成績証明書

志望理由書

修士論文

修士論文要旨

業務実績報告書

研究業績報告書

口述試験

○外国人留学生特別選抜

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

成績証明書

志望理由書

修士論文

修士論文要旨

業務実績報告書

研究実績報告書

筆記試験

口述試験

○外国人留学生特別推薦選抜

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

成績証明書

志望理由書

修士論文

修士論文要旨

業務実績報告書

研究業績報告書

口述試験

各専攻のアドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー及びディプロマ・ポリシーは次のとおり。

博士前期課程

博士後期課程

関連ドキュメント

一覧に戻る

PAGE TOP