東京海洋大学

MENU

教育・国際交流Education and International exchange

海洋生物資源学科

ディプロマポリシー

1.目指すべき人材像(個性、特色、魅力)

海洋生物資源学科においては、海洋や湖沼、河川に生息する多種多様な生物を対象として、その生命機能、生物生産のメカニズムを解明し、生物資源を持続的に利用するための技術開発、資源管理に従事する専門技術者として、対象生物の生理・生態、増養殖、漁業生産・管理等の自然科学を中心とした専門知識を有するだけではなく、食料、生命、環境に関する関心と社会の諸問題に対する解決に高い意欲を持つ人材を養成します。

2.学生が身につけるべき能力、素養の目標
  1. 数学、自然科学に関する幅広い知識を基礎として、海洋を含めた水圏に対する科学的・文化的認識を深化させ、それらを生物資源の利用と保全について、応用・実践する能力
  2. 生物資源の利用・保全に関する課題解決に向けた方策を論理的に思考し、その応用と実践においては適切な判断力と社会に対する責任感を持って行動する能力
  3. 現代社会の抱える課題を多面的にとらえ、それらの課題に対しリーダーシップを発揮して実践的に対応できる能力
  4. 幅広い教養と豊かな人間性を備え、水圏生物の利用と保全に関する深い専門知識と技術を基に解決すべき課題を探求し、解決に導く能力
  5. 語学を含むコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力、多様な社会・文化についての理解力を兼ね備えた、高い国際的・文化的教養
3.卒業認定の要件

所定の年限を在学し、学部および学科の教育目的に沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数を修得した学生に対して卒業を認定し、学士(海洋科学)の学位を授与します。

カリキュラムポリシー

1.教育課程編成の方針

海洋生物資源学科においては、幅広く教養と語学力を身につけるための「総合科目」、幅広く基礎科学を学ぶ「基礎科目」「コア課程科目」を設定し、専門分野の多様化・高度化に伴い、それを理解するために必要となる基礎力を充実させます。その上で、専門的な知識を「アドバンスト課程科目」で学ばせます。「アドバンスト課程科目」は本学科のあらゆる分野で基礎となる「アドバンスト課程基礎科目」を低年次で学んだ後、より深い学識を涵養し、専門的な能力を育成するための「アドバンスト課程科目(生命科学系)」及び「アドバンスト課程科目(生物資源学系)」で体系化して学び、大学院教育との接続を行います。さらに「グローバル・キャリア関連科目」により国際社会、産業界等の社会への接続をスムーズにします。

2.教育課程実施の方針
  1. 総合科目は、全学体制のもとで開講され、幅広い教養、論理的思考能力、文化的素養、国際的視野、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を養うことを目的に、海洋に特化した大学にふさわしい内容を精選して構成されています。
  2. 基礎科目、コア課程科目では、専門科目を学ぶための基盤となる体系的な自然科学、数理科学を学ぶとともに、海洋生命科学部の教育研究上の目的と関わる分野を俯瞰的にとらえる総論科目を配置します。グローバル・キャリア関連科目では、進級要件化されている英語資格試験関連の講義と演習を行います。アドバンスト課程科目では基礎的な知識は学科の全ての学生が学修できるものとし、ゲノム、細胞、生物個体レベルでの生命現象をラボラトリー科学的手法で、環境と生物の関係、生態系の把握をフィールド科学的手法で、応用科学的な知識と手法を体系化したカリキュラムで学修させます。学生は実験・実習・演習を通して、問題点の把握、対象生物の観察・解析・論理的考察の一連の過程を実際に経験すると共に、他者との協働やリーダーシップを学修させます。
  3. アドバンスト課程科目では、短期に集中して学修することで効果が得られる科目についてはクオーター開講を行い、他の科目との関連性の理解を含めて学修させます。
  4. 科目の特性により、アクティブラーニング等を取り入れ、教育方法の開発と教育システムの整備に取り組み、学生の能動的な学習を推進します。
  5. シラバスで科目毎に学習成果の評価基準を明示します。講義科目では主として知識の理解度、実験・実習・演習では課題の設定能力、課題解決への探求心、分析力、実験技術の習熟度を評価します。卒業研究では、教育研究上の目的の達成度を課題の設定、分析、解決手段の実践の各能力を総合的に評価します。評価結果はGPAで学生が到達度を自己評価することで自律的学習力を育成するだけではなく、全ての学生が教育研究上の目的を達成できるようGPAに基づいて適切に修学指導を行います。

アドミッションポリシー

1.受け入れる学生に求める関心・意欲

海洋生物資源学科では、沿岸から沖合、深海に加え、河川や湖沼に生きる生物を対象として、生態系のなかでの多様性を保全しつつ、これら生物を持続的に利用していくための海洋生物学、生命科学、資源生物学について幅広く教育・研究しています。その内容は遺伝子、細胞、個体レベルから個体群、そして生態系レベルまでをカバーしています。水に生きる動植物を守り、育むための生理学、病理学、遺伝育種学、バイオテクノロジー、生態学、資源学を学び、これらを技術として応用することに興味のある学生を求めています。

2.受け入れる学生に求める学修成果

(知識・技能)

(1)入学後の学修に必要な幅広い基礎学力を有している。

とりわけ数学と理科(物理、化学または生物)の基礎学力を有している(※)。

数学については、数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B
物理については、物理基礎、物理
化学については、化学基礎、化学
生物については、生物基礎、生物

(思考力・判断力・表現力等の能力)

(2)旺盛な学習意欲があり、海洋生物やそれを取り巻く環境に関する様々な課題に積極的に取り組むこと。

(3)常に視野を広め、上記課題について主体的に考え、それを解決するために行動する姿勢を持つこと。

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

(4)海洋生物資源学科における大学生活を通じてコミュニケーション能力を高めること.また、異なる考え方や文化を尊重できる人材となること。

(5)海洋生物資源学科で学んだことを礎に、グローバル社会での活躍を目指すこと。

3.入学者選抜での評価方法

一般選抜(前期日程)では、高等学校等において、基礎学力を幅広く身につけている人を選抜するために、大学入学共通テスト(5教科7科目)及び個別学力検査(数学・理科)の総合点で判定します。

一般選抜(後期日程)では、高等学校等において、基礎学力とともに、考えを論理的に展開し、適切に表現する能力を身につけている人を選抜するために、大学入学共通テスト(3教科4科目)及び個別学力検査(小論文)の総合点で判定します。

総合型選抜及び私費外国人留学生特別入試では、学科の学問領域に対する関心、学ぶ意欲、学ぶために必要な学力等を重視して入学者を選抜します。

4.選抜方法と学修成果の評価(◎=大きい比重、○=小さい比重)

○総合型選抜(A)

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

小論文

聴講論文

個人面接

志望理由書

調査書

○総合型選抜(C、E)

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

小論文

面接

志望理由書

調査書

○学校推薦型選抜(B)

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

小論文

口頭試問

聴講論文

個人面接

志望理由書

調査書

○私費外国人留学生特別入試

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

個別学力検査

面接

日本留学試験の成績

志望理由書

調査書

○一般選抜(前期日程)

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

大学入学共通テスト

個別学力検査

○一般選抜(後期日程)

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

大学入学共通テスト

個別学力検査

一覧に戻る

PAGE TOP