東京海洋大学

MENU

教育・国際交流Education and International exchange

海洋政策文化学科

ディプロマポリシー

1.目指すべき人材像(個性、特色、魅力)

海洋政策文化学科においては、海と人との共生関係に基づく海洋産業・海洋文化の発展とその実現に向けた海洋政策の立案を担う高度専門職業人として、海洋にかかわる食料問題、資源問題、環境問題、国際問題、地域問題等の諸問題を構造的に把握するために必要となる社会・人文・自然科学の専門知識を有し、これらの社会的諸問題の解決に高い意欲と実践的能力を持つ人材を養成します。

2.学生が身につけるべき能力、素養の目標
  1. 海洋にかかわる食料問題、資源問題、環境問題、国際問題、地域問題等について、社会・人文・自然科学の幅広い知識をもとに、諸問題を構造的に理解する能力
  2. 海と人との共生関係に基づく海洋産業・海洋文化の発展に向けた海洋政策を立案することができる実践的能力
  3. 海洋産業・海洋文化の発展と海洋政策の立案を担う高度専門職業人が持つべき国際感覚と倫理観、コミュニケーション能力
  4. 現代社会のかかえる地域的・国際的諸課題について、幅広い視野から多面的にとらえ、自主的に課題を探求し、適切に判断し、責任ある解決に導く能力
  5. 幅広い教養、多様な社会・文化についての理解力と総合的な判断力
3.卒業認定の要件

所定の年限を在学し、学部および学科の教育目的に沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数を修得した学生に対して卒業を認定し、学士(海洋科学)の学位を授与します。

カリキュラムポリシー

1.教育課程編成の方針

海洋政策文化学科においては、幅広く深い教養と語学力を「総合科目」で身につけるとともに、多様化・高度化した専門分野を理解するために必要となる基礎科学を「基礎科目」で幅広く学びます。また、「専門科目」を「コア課程科目」と「アドバンスト課程科目」とに区分し、本学科の専門諸分野の基盤となる専門知識を「コア課程科目」で学んだ後、「アドバンスト課程科目」でより深い学識を涵養し、専門的な能力を高め、大学院教育との接続を行います。さらに「グローバル・キャリア関連科目」により国際社会、産業界等の社会への接続をスムーズにします。

2.教育課程実施の方針
  1. 総合科目は、全学体制のもとで開講され、幅広く深い教養、論理的思考能力、文化的素養、国際的視野、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を養うことを目的に、海洋に特化した大学にふさわしい内容を精選して構成されています。
  2. 基礎科目では、多様化・高度化した専門分野を理解するために必要となる自然科学、数理科学の基礎を幅広く学びます。グローバル関連科目では、進級要件化されている英語資格試験関連の講義と演習を行ないます。
  3. 専門科目のコア課程科目では、本学科の専門分野の基盤となる専門知識の導入と研究手法についての必修科目を最初に学びます。その後、海洋産業・政策系、海洋環境教育・海洋スポーツ系、国際・科学文化系の3つの科目群の中から、専門諸分野の基盤となる基礎知識を学びます。そして、アドバンスト課程科目では、海洋産業・政策系、海洋環境教育・海洋スポーツ系、国際・科学文化系の専門諸分野の専門知識をさらに深く学ぶとともに、実習・実験・演習等の科目を通して、社会的諸問題について実践的な解決方策の探求に取り組みます。
  4. 短期に集中して学修することで効果が得られる専門科目についてはクオーター開講を行います。
  5. 科目の特性により、アクティブラーニング等を取り入れ、教育方法の開発と教育システムの整備に取り組み、学生の能動的な学修を推進します。特に、卒業論文において専門的な研究を行う際に必要となる情報収集・プレゼンテーション・ディスカッション・文章表現能力に加え、的確な問題把握能力と解決能力を高めるために、2年次の海洋政策文化研究法、3年次の海洋政策文化セミナーⅠ・Ⅱにおいて系統的に学生の能動的な学修を推進します。
  6. シラバスで科目毎に学修成果の評価基準を明示します。講義科目では主として知識の理解度、実験・実習・演習では課題の設定能力、課題解決への探求心、分析力、実験技術の習熟度を評価します。卒業研究では、課題の設定、分析、解決手段の実践の各能力を総合的に評価し、教育研究上の目的の達成度を測ります。評価結果はGPAで示し、学生が到達度を自己評価することによって自律的学習力を育成するだけではなく、全ての学生が教育研究上の目的を達成できるよう適切に修学指導を行います。

アドミッションポリシー

1.受け入れる学生に求める関心・意欲

海洋政策文化学科では、政策的アプローチ、産業的アプローチ、文化的アプローチにより、理論と実践における考察力と実践力を練磨するために、「海・人・社会」の望ましい関係の在り方について幅広く教育・研究しています。本学科は、理系・文系の垣根をこえ、海洋政策、海と人との共生に対して積極的な関心を有し、また、法律、経済、人文学、海洋スポーツ、教育など、幅広い分野に興味のある学生を求めています。

2.受け入れる学生に求める学修成果

(知識・技能)

(1)入学後の学修に必要な幅広い基礎学力を有している。

(思考力・判断力・表現力等の能力)

(2)論理的な思考力を有している。

(3)ものごとを多角的に検討できる判断力を有している。

(4)自らの考えを的確に伝える表現力を有している。

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

(5)旺盛な学習意欲があり、新しい課題に積極的に取り組む姿勢を有している。

3.入学者選抜での評価方法

一般選抜(前期日程)では、高等学校等において、基礎学力とともに、論理的思考にもとづいて適切に文章を読解・作成する能力を身に着けている人を選抜するために、大学入学共通テスト(5教科7科目または5教科8科目または6教科7科目または6教科8科目)及び個別学力検査(数学または理科の1科目選択、及び小論文)の総合点で判定します。

一般選抜(後期日程)では、高等学校等において、基礎学力とともに、論理的思考にもとづいて適切に文章を読解・作成する能力を身に着けている人を選抜するために、大学入学共通テスト(3教科3科目)及び個別学力検査(小論文)の総合点で判定します。

総合型選抜、学校推薦型選抜及び私費外国人留学生特別入試では、学科の学問領域に対する関心、学ぶ意欲、学ぶために必要な学力等を重視して入学者を選抜します。

4.選抜方法と学修成果の評価(◎=大きい比重、○=小さい比重)

○総合型選抜

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

小論文

口頭試問(総合型選抜Bのみ)

聴講論文

個人面接

志望理由書

調査書

○学校推薦型選抜

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

大学入学共通テスト

調査書

志望理由書

資格・業績書

○私費外国人留学生特別入試

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

個別学力検査

面接

日本留学試験の成績

志望理由書

成績証明書

○一般選抜(前期日程)

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

大学入学共通テスト

個別学力検査

資格・業績書

○一般選抜(後期日程)

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

大学入学共通テスト

個別学力検査

資格・業績書

一覧に戻る

PAGE TOP