東京海洋大学

MENU

教育・国際交流Education and International exchange

海洋電子機械工学科

ディプロマポリシー

1.目指すべき人材像(個性、特色、魅力)

海洋電子機械工学科においては、船舶機関、海洋機器や海洋環境に関する問題に関心を持ち、幅広い教養と豊かな人間性とともに、機器を開発するだけでなく管理・運用するまでの幅広い技術分野において、理論と実践が調和した知識に基づいて問題を解決する能力を身につけ、国際的にも活躍できる人材としての高度専門職業人の養成を目指します。

2.学生が身につけるべき能力、素養の目標
  1. 主に海洋の利用、開発に関連する機械、電気、電子、エネルギー、環境等に関する専門的な知識を持ち、それらを活用して問題解決する能力
  2. 社会のリーダーとして求められる実践的指導力
  3. 課題に対して進んで取り組み、論理的に考え、的確な判断および行動がとれる能力
  4. 技術者として必要となる幅広い教養と国際的視野に裏打ちされたコミュニケーション能力およびリーダーシップの能力
  5. 国際交流の基盤となる幅広い視野・能力と文化的素養
3.卒業認定の要件

所定の年限を在学し、学部および学科の教育目的に沿って設定した授業科目を履修して、基準となる単位数を修得した学生に対して卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与します。

カリキュラムポリシー

1.教育課程編成の方針

海洋電子機械工学科においては、主に海洋の利用、開発に関連する機械、電気電子、エネルギー、環境等に係る諸課題の理解と解決に必要な高度な技術を身につけ、国際的にも活躍できる高度専門職業人を養成するため、全学共通科目を含む総合科目、基礎教育科目、乗船実習などの各種実習、実験、演習を含む専門科目を有機的に組み合わせたカリキュラムを編成します。 三級海技士(機関)の資格取得を可能にするためのカリキュラムもあわせて編成します。

2.教育課程実施の方針
  • 文化学系、哲学・科学論系、社会科学系、健康・スポーツ系、外国語系科目からなる総合科目により、幅広い視野と豊かな人間性を育みます。
  • 数学、物理、情報系科目等からなる基礎教育科目により、専門科目を学ぶための基礎学力を身につけます。
  • 主に海洋の利用、開発に関連する機械、電気、電子、エネルギー、環境等に関する専門科目により、必要な専門知識を身につけます。
  • 3年次から海技士(機関)ならびにその関連技術者となることを目指すコースと、乗船実習の経験を活かした機器開発、運用技術者となることを目指すコースに分かれ、それぞれのコースで養成を行う技術者に必要な専門知識を身につけます。
  • 実学を重視した実習、実験、演習により、的確な判断力やコミュニケーション能力、リーダーシップの能力を身につけます。
  • ゼミナールおよび卒業研究を通して、課題探求能力、問題解決能力を身につけます。

アドミッションポリシー

1.受け入れる学生に求める関心・意欲

海洋電子機械工学科では、機械工学、電気・電子工学、制御工学など専門領域の教育および大型練習船による乗船実習を通じて、エネルギー問題、海洋環境問題などのグローバルな課題を解決する能力を持ち、船舶機関・海洋関連機器などの大型プラントの運用・保守管理やエネルギーシステム、海洋ロボット、電子制御機器、材料などの研究開発・設計・製造の先端技術分野で幅広く活躍できる人材の養成を行っています。そのため、 これらに強い関心があり、自ら積極的に取り組む意欲を持ち、かつ、語学力や幅広い教養、社会性、協調性、行動力を有する人材を求めています。

2.受け入れる学生に求める学修成果

(知識・技能)

  (1)入学後の学修に必要な幅広い教養、基礎学力を持つ人

  (2)とりわけ数学、理科(物理)および英語の基礎学力を持つ人(※)

(※)数学については、数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B(前期日程)

    物理については、物理基礎、物理 (後期日程)

   英語については、コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ(前期日程、後期日程)

(思考力・判断力・表現力等の能力)  

  (3)自然現象や科学技術への関心が高く、新しい課題に対して積極的に取り組む意欲を持つ人

  (4)知識・教養に基づいて論理的に思考し判断できる人、また自分の考えや判断を相手に伝える表現力を持つ人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  (5)国際的な視野、社会性、協調性と健全な倫理観を持ち、自主的に行動できる人

3.入学者選抜での評価方法

一般選抜(前期日程)では数学および英語の、 一般選抜(後期日程)では物理および英語の個別学力検査を課し、 加えて大学入学共通テストの成績により語学および教養の基礎学力について評価・判定します。

総合型選抜では課題学習能力試験と小論文により、 数学・語学および教養の基礎学力を判定し、 面接により社会性、協調性、 行動力、本学科の専門領域に対する学習意欲および思考力、表現力を判断します。

私費外国人留学生特別入試では、 数学と英語の個別学力検査と日本留学試験を課すことにより大学教育を行う上で必要となる基礎学力を判定し、 面接により社会性、協調性、 行動力、 本学科の専門領域に対する学習意欲および思考力、表現力を判断します。

編入学試験では、 数学および英語の学力試験を課す、 あるいは学校長が責任を持って推薦する応募資格のある学生に対し小論文と面接により、 専門を学ぶために必要な基礎学力と明確な目的意識、 および学習意欲を判断します。

4.選抜方法と学修成果の評価(◎=大きい比重、○=小さい比重)

○総合型選抜

(1) (2) (3) (4) (5)
課題学習能力試験
模擬授業、課題論文
面接
調査書
志望理由・自己推薦書

○私費外国人留学生特別入試

(1) (2) (3) (4) (5)
個別学力検査
面接
日本留学試験の成績
志望理由書
成績証明書

○一般選抜(前期日程)

(1) (2) (3) (4) (5)
大学入学共通テスト
個別学力検査

○一般選抜(後期日程)

(1) (2) (3) (4) (5)
大学入学共通テスト
個別学力検査

○編入学(推薦)

(1) (2) (3) (4) (5)
小論文
面接
調査書
推薦書
志望理由書

○編入学(学力)

(1) (2) (3) (4) (5)
学力試験
成績証明書

一覧に戻る

PAGE TOP