東京海洋大学

MENU

教育・国際交流Education and International exchange

乗船実習科

ディプロマポリシー

1.目指すべき人材像(個性、特色、魅力)

 乗船実習科においては、三級海技士(航海・機関)としての船舶運航に関する専門的知識と技術を身につけ、海事クラスターにおいて即戦力となる実務能力を有する人材の養成を目指します。

2.学生が身につけるべき能力、素養の目標

(1)海事・海洋に関する専門的かつ広い知識を持ち、それらを活用して問題解決する能力
(2)技術者として必要となる幅広い教養と国際的視野に裏打ちされたコミュニケーション能力およびリーダーシップ
(3)長期間の航海に耐え抜く体力及び精神力

3.修了認定の要件

 6ヶ月の乗船実習を修了し、乗船実習科の教育目的に沿って設定した実習科目をすべて履修して、基準となる成績以上を修めた学生に対して修了を認定し、修了証書を授与します。

カリキュラムポリシー

1.教育課程編成の方針

 乗船実習科においては、海技士資格取得のために、国内法及び国際条約で求められる知識・技術を確実に習得するためのカリキュラムを編成しています。加えて、実習航海を通じて船舶職員として求められる協調性、責任感、積極性、国際性を涵養します。

2.教育課程実施の方針

・航海当直では初級航海士・機関士として責任を持って当直業務が実施できるように実海域での当直を繰り返し実施し、様々な航行環境における安全で効率的な運航技術を習得します。
・船内講義では大学の座学課程で学んだ知識を、船舶運航場面に即した実務的な知識へ高めます。
・実習では練習船に搭載された実機を用いて実践的な取扱い、保守整備要領を習得するとともに、操船シミュレータ、機関シミュレータを用いて高度で複雑な環境下における運用技術を身につけます。

アドミッションポリシー

1.受け入れる学生に求める関心、意欲

 乗船実習科は、東京海洋大学海洋工学部海事システム工学科および海洋電子機械工学科機関システム工学コースにおいて、所定の科目を履修し、単位を修得し、卒業した学生を受け入れます。船舶運航に必要な船舶、船舶機関、自然環境、工学への関心が高く、高度な船舶運航チームを形成、維持、管理できる協調性を備え、リーダーシップを発揮できる学生を求めます。

2.受け入れる学生に求める学修成果

(知識・技能)
 1. 三級海技士及び上級海技士免許取得に必要な航海、機関に関する幅広い基礎学力を有していること
(思考力・判断力・表現力等の能力)
 2. 知識と経験に裏打ちされた論理的思考及び迅速で的確な判断ができること
 3. グローバルな環境でリーダーシップを発揮でき、コミュニケーションを図る統率力と表現力を有していること
(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)
 4. 多種多様な人々と協働し、困難な課題を解決できる能力を有していること

3.入学者選抜での評価方法

 乗船実習科では、4年次在学者、卒業後、現在大学院に在学している者、卒業生の順に従って、学部成績等により選考し、学科の審議によって決定します。

4.選抜方法

 乗船実習科入学希望者のうち、入学資格を充足している者又は充足見込みの者から学部成績等により選抜します。

PAGE TOP