今年で55回目を迎える国公立展について

国公立展とは
 国公立展とは、東京都内の11国公立大学美術部による合同美術展で、正式には『東京地区国公立大学文化会美術展 都内国立大学11校美術部合同展』といいます。毎年度末の春に開催され、今年で55回目の開催を迎えます。
 展示する作品のジャンルは、平面作品はもちろん彫刻・陶芸・写真・映像作品など多岐に渡り、毎回各大学の特徴が生かされた展示になっています。
 年度ごとにひとつテーマを設定し、大学ごとにテーマに沿った共同制作作品を展示することが恒例となっています。また、会場では部員達によるコラムや特別企画などをまとめた小冊子『芸苑』を配布します。

芸苑について
 芸苑は例年国公立展で配布される小冊子です。
 これまでの芸苑では、リレー小説や対談、インタヴュー、大学や街の紹介など毎年趣向を凝らした企画を行っています。  今年の芸苑では各大学ごとに、
・部室の紹介
・美術部活動&大学紹介
・ルーキー紹介
などを行う予定です。ご期待ください!