東京海洋大学

MENU

東京海洋大学についてAbout TUMSAT

会長挨拶

東京海洋大学校友会創設にあたって

すべての東京海洋大学関係者のみなさま、
「海洋の未来を拓くために」オール海洋大に結集しましょう!

竹内俊郎 東京海洋大学校友会会長
(東京海洋大学長)

 本学は、「ビジョン2027」(注)の下、教育ガバナンスの確立、世界トップクラスの研究の推進、国際性豊かなキャンパスの創造など掲げ、海洋に関する総合的な科学と技術を推進する大学を目指しています。

 本学は、130年を超える長い歴史の中で、伝統と個性を生かす実学を継承しつつ、絶えず時代の要請にこたえるべく努力してまいりました。今後、本学をさらに発展させる上で、在学生が水産・海事・海洋の分野において経験豊富な卒業生と交流を密にすることは、実学を標榜する本学にとって極めて大切なことだと考えております。

 そこで今般、卒業生や各種卒業生団体、サークル、大学の教職員、学部学生・大学院生、短期留学生さらには在校生の父母等の保護者を含めた、「オール海洋大」で構成する校友会を設立し、大学への支援体制の強化を図るとともに、新たな協働・連携システムを構築し、グローバル化の推進や地域との連携、産学官連携の推進など、海洋の未来を拓く道筋をともに共有していきたいと考えております。

校友会の具体的な取り組みとしては、
1) 校友情報の収集(アンケートなど)によるニーズの把握
2) 校友情報の発信・インターネット管理
3) ホームカミングデー、講演会、シンポジウム、セミナー等、全学的イベント開催による校友相互の交流支援
4) SNS等を活用した、ネットワーク作りと大学を含む校友相互の情報共有
5) 留学生を含む海外交流支援・組織化 など。

 東京海洋大学校友会は、本学に関わっている、あるいは関わってこられた多くの方々を構成員とする「オール海洋大」の懸け橋として機能させてまいります。旧東京商船大学と旧東京水産大学が統合して15年が経過し、平成29年4月には「海洋資源環境学部」を加え、3学部体制となりました。このような時期に全学一体となる組織を構築することは意義のあることと考えています。皆様方のご支援・ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。

(注) 第4期中期目標・中期計画期間終了時(2027年度末)に向けて、学長のリーダーシップにより資源を集中させた大学改革・体制強化を推進するビジョン。

PAGE TOP