東京海洋大学

MENU

東京海洋大学についてAbout TUMSAT

百周年記念資料館と明治丸記念館

百周年記念資料館
百周年記念資料館

明治丸記念館
明治丸記念館

東京海洋大学百周年記念資料館(昭和53年開館)は、東京海洋大学の前身の一つである東京商船大学が明治8年11月1日に、隅田川の永代橋下流に係留した成妙丸を校船と定めて開学してから、昭和50年で100周年となったことを記念し、その中心事業として建築されたものです。 この資料館は、一般によく見られる海事資料館とは異なり、本学100年の歴史を軸とした商船教育史と、その周辺の海事史を物語る資料を収集展示しております。
平成283月に竣工した明治丸記念館は、館内には展示室とセミナー室をそなえ、明治丸の多種多様な活動を発信しています。展示品の代表的なものとしては、明治丸の建造指示書、重要文化財指定書などのほか、明治丸内部で使用されていた銀製の食器類などがあります。セミナー室には視聴覚設備を完備し、海事情報啓蒙活動、小中学生対象の体験教室などの場として多目的に使用されています。

観覧のご案内

令和2年10月6日

明治丸海事ミュージアムは、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため3月3日より閉館しておりました百周年記念資料館と明治丸記念館は感染症対策を実施し公開いたします。ご来館を希望されていた皆様には大変長い間お待たせし、申し訳ございませんでした。詳細は、下記をご覧ください。

なお、明治丸については引き続き一般公開を中止といたします。コロナウィルスの感染リスクが減少した段階で公開の検討をいたします。

過去の展示

PAGE TOP