東京海洋大学

MENU

東京海洋大学についてAbout TUMSAT

練習船「神鷹丸」

申込画面

1.令和2年度 神鷹丸にて実施予定の教育関係共同利用航海における乗船実習の公募(区分A)

2.神鷹丸にて実施予定の航海を利用した教育関係共同利用航海における乗船実習の追加公募(区分B)

教育関係共同利用航海 区分Bについて

既に決定している航海計画に混乗し、その航海計画の範囲で行う乗船実習です。
日程、実施海域、乗船可能人数に制限があります。
神鷹丸の航海概要はこちらをご覧ください。
航海計画の詳細等、区分Bへのご応募に関しては、船舶・海洋オペレーションセンターにご相談下さい。

練習船神鷹丸

神鷹丸についてshinyomaru_4.jpg

平成28年度から、新・神鷹丸が就航しました。

新神鷹丸
総トン数 986tons
全長 64.55m
乗船定員 乗組員:22名
教員:3名
調査員:7名
学生:44名
主な海洋観測機器
  • CTD-RMSシステム
  • 表層生物環境モニタリングシステム
  • マルチナロービーム海底地形探査装置
  • 全周型スキャニングソナー
  • 一般観測ウィンチ・Aフレーム

詳細 就航時パンフレットより

申込

ご応募いただく際は、 東京海洋大学練習船神鷹丸共同利用規定をご熟読いただき、同意の上でお申込みください。
ご応募いただいた日程は、船舶の運航計画との兼ね合いもあり、採択に当たってご相談させていただいた上で変更をお願いする可能性もあります。

関係規定等

令和元年度実績

9月25~27日 静岡大学 理学部・地球科学科(3年生) 地球科学課題研究IV
教員2名 TA1名 学生12名 駿河湾 CTD観測/底生生物採集(ドレッジ)/プランクトン採集(ORIネット曳航)
          実習終了しました。

 

10月18~20日 東邦大学 理学部・生命圏環境化学科(3年生) 環境生態学ユニット科目 海洋実習
教員4名(内1名外部講師) TA11名 学生22名 東京湾・相模湾 CTD観測/プランクトン採集(NORPAC・丸徳ネット)/底生生物採集(ドレッジ・スミス-マッキンタイヤ式採泥器)
          実習終了しました。

お問い合わせ先

教育関係の共同利用について

東京海洋大学学務部教務課総務係

電話:03-5463-4232
ファックス:03-5463-0437
メール:k-soumu@o.kaiyodai.ac.jp

乗船実習の追加公募(区分B)について

東京海洋大学 船舶・海洋オペレーションセンター

電話:03-5463-0595
ファックス:03-5463-0715
メール:kansokushien@m.kaiyodai.ac.jp

調査研究等の目的の場合は、関係教員に御相談ください。

一覧に戻る

PAGE TOP