東京海洋大学

MENU

東京海洋大学についてAbout TUMSAT

平成28年9月期東京海洋大学学位記授与式(学部・乗船実習科・大学院)学長式辞

平成28年9月期東京海洋大学学位記授与式(学部・乗船実習科・大学院)学長式辞


御卒業・修了、おめでとうございます。今日の良き日を迎えるにあたり、陰日向になってご支援、ご指導を賜りましたご参列の皆様に、まず、心より御礼申し上げます。さらに、本日お忙しいところ、ご臨席賜りました独立行政法人海技教育機構野崎理事長、本学の同窓会であります海洋会の山本会長、楽水会の田畑会長、並びに日本郵船株式会社江崎様、株式会社商船三井遠藤様、川崎汽船株式会社竹内様に厚くお礼申し上げます。

本日、学位記を授与されたのは学部卒業生5名、水産専攻科修了生2名、乗船実習科修了生44名、大学院博士前期課程修了生32名、博士後期課程修了生15名及び論文博士授与者3名の計101名の皆さんです。皆さんの門出に際し、
大学を代表して一言お祝いを申し上げます。

学部及び水産専攻科の皆さんは、様々な理由で年限を上回って学んでこられました。他の同級生とは異なる選択をして、ここに出席されているわけですが、これまでの時間をぜひ前向きにとらえて、今後の人生に役立てていって欲しいと思います。

乗船実習科の皆さん、この6か月間学部で学んだことの集大成として、十分実習がこなせたでしょうか?多くの皆さんは海技教育機構の海王丸に乗船して帆船による約50日間の遠洋航海を行いました。ホノルルではアメリカの文化を少しですが学ぶことができたのではないでしょうか?7月からは銀河丸に乗船し、函館など国内の港に立ち寄りながら実習を行いました。一方、社船実習を選択した15名の皆さんは、日本郵船、商船三井、川崎汽船の大型商船でアメリカ、シンガポール、オーストラリア、中国と多方面への航海を経験されたと伺っています。

実習や訓練は高等教育になじまないといった意見がありますが、モンテーニュが書いた「エセー」の中の一つ「実習について」では、「理性と教育だけでは我々を行為に導くのに十分ではない。経験によって精神を我々の欲するような状態に訓練し、鍛え上げなければならない。さもないと精神はいざ実行という時に戸惑ってしまう。」と述べています。理性と教育だけでは決断と実行ができず、経験によって精神を訓練し、鍛え上げることによって決断と実行が可能になります。今回、皆さんが乗船実習を通して経験し、習得したことは、これからの人生において価値ある財産、生きていく力となることを期待しています。そして、皆さんはこれから、様々な職場でご活躍すると思いますが、船舶職員、海上技術者として海運界で活躍してください。

修士あるいは博士の学位を取得した皆さん、十分な実験と研究はできましたか?本学はグローバル化推進の一環として、授業の英語化及び海外での発表を支援しています。そこで、ここでは、英語により皆さんにスピーチします。


Have you ever heard the word "planetary boundaries"? Today, it is said that the global environment is being destroyed by factors such as depletion of the ozone layer, climate change, and the overexploitation of biological resources that undermines biodiversity. The concept of "planetary boundaries" was proposed by a team of scientists led by Dr. Johan Rockstrom, a Swedish environmental scientist and the Executive Director of the Stockholm Resilience Center. Dr. Rockstrom et al. wrote a paper arguing that, by identifying planetary boundaries within which humanity can continue to develop and thrive for generations to come, we can avoid changes that would prove catastrophic for humanity, and asserted the importance of understanding where the tipping points of such changes lie. Last year, Dr. Rockstrom won the International Cosmos Prize in recognition of his accomplishments. The idea of planetary boundaries defines the boundaries for nine planetary systems which should not be crossed by humanity. Specific assessment items include climate change, ocean acidification, freshwater use, nitrogen and phosphorus cycles as biogeochemical flows, biodiversity lostthat could undermine biosphere integrity, and chemical pollution that may result from the introduction of novel entities.

When studying practical science-whether it be oceanography, marine technology, or fisheries science-do not forget the fundamentals ofthese substantiated science. And do your best to become a respected scientist and highly skilled specialist.


(和訳)
皆さんは、プラネタリー・バウンダリーという言葉を知っていますか?現在地球はオゾン層の破壊やそれに伴う気候変動、生物多様性を損なう乱獲などにより、環境が破壊されつつあるといわれています。人類が地球環境を持続可能にするためには、プラネタリー・バウンダリー:人類が共存できる範囲の限界、を把握することで、人類にとって破滅的な変化が起こることを回避できるのではないか、そのような限界(臨界点)がどこにあるのかを知ることが重要であるという考え方があります。この考えを論文にしたのは、スウエーデン出身の環境学者で、ストックホルム・レジリエンス・センターのヨハン・ロックストローム教授です。彼は昨年、コスモ国際賞を受賞されました。プラネタリー・バウンダリーは9つのシステムから構成される人類が生存できる範囲の限界を定めていますが、その中に、気候変動、海洋酸性化、淡水利用、生物地球科学的フローとしての窒素とリンの循環、生物圏の完全性を損なう生物多様性の損失、新しい物質の導入、例えば化学物質による汚染、などが評価項目となっています。

海洋・海事・水産という実学を学ぶ者にとってこのような実証科学の基本は忘れずにいてください。そして、立派な科学者や高度専門技術者になるように努力してください。(和訳終)


論文博士を授与された方は、長年の努力が報いられたことと存じます。改めて、お祝い申し上げます。本学の博士の称号を有効にお使いいただければ幸いです。

最後にみなさんに、お話ししたいことは、大学の理系人材を採用する際の企業の選考で重視している点として「コミュニケーション能力」が強く言われていることです。社会に出れば大人としての対応が求められます。コミュニケーションをいつも心がけてください。そして、相手から"できる"と思われるためには、迅速かつ正確な仕事をする必要があります。一日一日を精一杯過ごしてください。明日には明日にやらねばならないことが必ず出てきます。仕事をためることは疲労やミスにつながりかねません。ぜひ、一日一日しっかりとした目標と方向性を定め、人生を切り開いてください。
皆さんがグローバルな研究者、船舶職員あるいは技術者として羽ばたくことを期待しています。


2016年9月28日
東京海洋大学長
竹内俊郎

一覧に戻る

PAGE TOP