東京海洋大学

MENU

東京海洋大学についてAbout TUMSAT

学長プロフィール

新学長アイコンB_2.png

略 歴

昭和53年3月 福岡県立修猷館高等学校卒業
59年3月 九州大学工学部造船学科卒業
61年3月

同 大学院工学研究科造船学専攻修士課程修了

平成元年3月

同 大学院工学研究科造船学専攻博士課程単位取得退学

元年5月

工学博士(九州大学)

平成元年4月 東京商船大学商船学部講師
2年4月 東京商船大学商船学部助教授
15年10月 東京海洋大学海洋工学部助教授
18年4月 東京海洋大学教授
同 大学院海洋科学技術研究科海運ロジスティクス専攻主任
(平成19年3月31日まで)
22年4月 同 大学院海洋科学技術研究科応用環境システム学専攻主任
(平成23年3月31日まで)
22年12月 同 学長補佐(平成24年3月31日まで)
23年4月 同 海洋工学部運航性能実験水槽室長
(平成26年3月31日まで)
24年4月 同 大学院海洋科学技術研究科副教育院長
(平成28年2月1日~同副研究科長。平成28年3月31日まで)
28年4月 同 大学院海洋科学技術研究科長
(令和2年3月31日まで)
令和2年4月 同 海洋工学部長(令和3年3月31日まで)
同 附属図書館長(令和3年3月31日まで)
3年4月 同 学長 現在に至る

この間

平成3年5月~4年2月

文部省内地研究員(東京大学工学部船舶海洋工学科)

7年3月~8年1月

文部省在外研究員(連合王国グラスゴー大学) 

14年5月~18年5月 日本航海学会監事
18年5月~20年5月 同 理事
22年6月~26年3月 同 代議員
24年1月~24年3月 海上保安庁第九管区海上保安本部鑑定人
24年10月~25年3月 海上保安庁第十管区海上保安本部鑑定人
24年5月~26年5月 日本航海学会会長
30年6月~令和2年3月 同 代議員

表彰等

平成5年5月 日本航海学会奨励賞
14年5月 日本造船学会賞
14年5月 日本造船工業会賞
14年5月 日本財団会長賞
20年5月 日本航海学会論文賞
25年6月 The Best Presentation Award, "Hybrid Bayesian wave estimation for actual merchant vessels",10th Jubilee Navigational Conference on Marine Navigation and Safety of Sea Transportation (Poland)

専門分野

  • 船舶海洋工学
  • 流体力学
  • 確率統計学

所属学会

  • 日本航海学会
  • 日本船舶海洋工学会

著書、学術論文等

著書数 4{船体動揺データを用いた方向波スペクトルの推定「時系列解析の実際I」(朝倉書店)、Estimation of Directional Wave Spectra Using Ship Motion data "The Practice of Time Series Analysis" (Springer-Verlag)、Dynamic Control of Oscillation Characteristics of a Spar-buoy "Maritime Technology and Engineering" (CRC Press), Experimental study on auto-parametrically excited heaving motion of a spar-buoy "Progress in Maritime Technology and Engineering" (CRC Press);学術論文数  68; 総説・参考論文数  66。

学外各種委員等

本州四国連絡橋航行安全調査委員会特別部会委員、海洋架橋調査会検討会委員、日本造船研究協会研究部会委員、日本船長協会調査研究委員会委員、海洋調査協会マルチビーム測深データ品質向上に関する研究委員会委員長、日本海難防止協会調査検討委員会委員、国家公務員採用Ⅰ種試験(理工Ⅰ)試験専門委員、鉄道建設・運輸施設整備支援機構「基礎的研究審査委員会」委員、日本船舶技術研究協会委員、国土交通省海事局マリンイノヴェーション検討会「評価部会」委員、防衛省技術研究本部外部評価委員会委員、資源エネルギー庁外部評価委員会委員、日本学術振興会科学研究費委員会専門委員、日本学術振興会国際科学研究費委員会専門委員、大学改革支援・学位授与機構教育研究評価委員会専門委員

PAGE TOP