東京海洋大学

MENU

東京海洋大学についてTokyo University of Marine Science and Technology

舞田正志教授が日本水産学会水産学進歩賞を受賞

Last Update : 2014-04-09 15:48

受賞概要

水産学進歩賞:優れた業績を上げ、水産学の発展に寄与した40歳以上の者に授与される。

受賞研究

養殖魚の抗病性に関する血液生化学的研究

受賞対象となった研究(論文)の内容

血液生化学検査と感染実験により養殖魚の血漿コレステロール値が抗病性評価の指標になり得ることを明らかにした。この成果をもとに、ブリ用配合飼料の魚粉代替タンパク質に関する栄養学的研究に参画し、低魚粉飼料の健康維持機能の側面からの評価に貢献した。また、低溶存酸素環境が血漿コレステロール値や抗病性の低下および感染症による死亡率増加につながることを見出した。この研究に基づいて、溶存酸素量のコントロールによる細菌感染症の被害軽減技術がヒラメ養殖場で使用され効果をあげている。これらの業績は、栄養学的要因および飼育環境の管理による養殖魚の健康管理につながるものであり、今後の研究のますますの発展が期待される。

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP