東京海洋大学

MENU

東京海洋大学についてAbout TUMSAT

東京海洋大学のプラスチック・スマート・アクション

プラスチックスマート.jpg

海に漂流、蓄積するプラスチックごみを調査研究して、その成果を社会に伝えることで、問題解決につなげる。

 海洋プラスチックごみ(海洋プラごみ)は、いま大きな海洋汚染のひとつとして世界中で注目されています。陸上から海に流出するプラスチックは年間800万ともいわれ、2050年には海にあるプラスチックごみが海洋中の魚の量を超えるという試算も報告されています。
 海洋プラごみは、大洋中では船舶の航行や漁業の操業の障害に、また海岸に漂着して生活環境や観光資源の破壊につながるとともに、海洋生態系に対する影響も大きいものと懸念されています。
 こうした海洋プラごみの実態を科学的な調査をもとに明らかにして、広くみんなに知ってもらうことで、海洋に流入するプラスチック量を削減し、またそのための正しい処理やリサイクル方法、バイオマスプラスチックや代替素材などを理解して、取り組んでもらうことが必要になります。
 Plastics Smartは、個人・自治体・NGO・企業・研究機関など幅広い主体が連携協働して、海洋プラスチックごみ問題の解決を推進できるよう、環境省が令和元年にスタートさせたキャンペーンです。令和3年(7月時点)では、同キャンペーンの登録事例数(プラスマアクション取り組み事例)は2,300件を越えて、さらに拡がりを見せています。
 本学では、海洋プラスチックごみに関わる取り組みを皆様にわかりやすくお伝えするため、該当するWEBページ等に、Plastics Smartのロゴを掲載していきます。
 本学では、今後も海洋プラスチックごみの調査研究やプラごみ削減に取り組んでまいります。

Plastics_Smart_Logo.png

【Plastics smartのロゴ】

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

PAGE TOP