東京海洋大学

MENU

東京海洋大学についてAbout TUMSAT

海洋大スタンダード

平成25年3月22日策定

はじめに

東京海洋大学は、海洋科学部、海洋工学部、大学院海洋科学技術研究科からなる海洋に関する総合的教育研究を行う国内唯一の海洋系総合大学です。近年、急速に進展する世界のグローバル化・複雑化・多様化を受け、大学の卒業生に期待され、かつ備えるべき資質の明確化に対する要求が高まっています。そこで、東京海洋大学は、その育成する人材像、および本学学生のすべてに求められる素養と能力の水準を「東京海洋大学スタンダード(海洋大スタンダード)」として策定します。このスタンダードは、東京海洋大学が保証する卒業生、修了生として相応しい能力・素養を具体的に示すものです。

東京海洋大学スタンダード

1.東京海洋大学が育成する人材像

東京海洋大学は、人類社会の持続的発展に資するため、海洋を巡る学問および科学技術に係わる基礎的・応用的教育研究を行い、主に海洋・海事・水産の各分野において、国際的に活躍する産官学のリーダーを輩出する世界最高水準の卓越した大学であることを目指します。その実現のために、一世紀以上の歴史をもつ東京商船大学と東京水産大学は統合し、2学部(7学科)・大学院研究科(博士前期課程5専攻・博士後期課程2専攻)を擁する海洋系総合大学に生まれ変わりました。その後、教育課程のより一層の充実を目指し、博士前期課程に2専攻を新設、その他社会のニーズに応える特色ある教育プログラムを開設するなど、様々な観点から不断の教育改善に取り組んできました。そして、平成24年度からは、大学院重点化により、学部および大学院における教育研究の組織体制を整備し、機能強化を図りました。

近年、グローバリゼーションの進展に伴い、地球的規模の連携が不可欠な時代になっています。このようなダイナミックに変動するグローバル環境において、我が国が今後も海洋立国と技術立国を標榜し、世界のリーダーとして重要な役割を果たすことは、国際社会の安定、ならびに世界経済と産業の持続的発展にとって極めて重要なことです。本学は、このようなグローバルな視点に立ち、海洋を巡る共生と互助の涵養を図り、諸外国および産業界の海洋に関する様々な期待に応え、それを創造的生産力に結びつけることができる人を育成します。

2. 東京海洋大学生に求められる素養と能力

我が国が海洋立国として発展し、国際貢献の一翼を担っていくためには、東京海洋大学が、「海を知り、守り、利用する」ための教育研究の中心拠点となって、その使命を果たす必要があります。この基本的観点に立ち、本学は、研究者を含む高度専門職業人養成を核として海洋に関する総合的教育研究を行い、以下に示す能力・素養を有する人を養成します。

  1. 海洋に対する科学的認識を深化させ、自然環境の望ましい活用方策を提示し、実践する能力
  2. 論理的思考能力、適切な判断力、社会に対する責任感をもって行動する能力
  3. 現代社会の大局化した諸課題について理解・認識し、対応できる実践的指導力
  4. 豊かな人間性、幅広い教養、深い専門的知識・技術による課題探求、問題解決能力
  5. 国際交流の基盤となる幅広い視野・能力と文化的素養

主に海洋・海事・水産に係わるこれらの能力・素養を備えて本学を卒業した者は、社会的常識を備え、世界的視野に立ち、いかなる場合にも果敢に挑戦し、斯界のリーダーとなることができる者です。すなわち、予測困難な問題に直面しても、様々なアプローチから創造的な解決策を導いていく能力(創造的問題解決力)を備えた者が東京海洋大学の卒業生です。

この「創造的問題解決力」は、次の三項目にまとめることができます。大学院を修了した者はさらに広い視点をもってこれらの項目を実践することができます。

    1. 社会で通用する幅広い教養・論理的思考能力・文化的素養・国際的視野・コミュニケーション能力を活用して、自身が置かれている状況や立場、さらには自身の行動の影響等を的確に理解した上で、諸課題を総合的に理解できる。
    2. 専門的知識および技術を応用して、的確な状況判断のもとに主体的かつ実践的に行動することができる。また、専門分野における諸問題を多面的に探求・分析することができる。
    3. 予測困難な問題を含む現代の諸問題について、総合的な見地から的確な状況判断のもとに主体的に行動して解決することができる。

以上

PAGE TOP