東京海洋大学

MENU

在学生の方Current students

海洋大 CSIRT(シーサート)について

海洋大 CSIRTは、平成29年3月に、学内の情報セキュリティに関する部局横断的なインシデント対応チームとして、CISOの下に設置されました。国立大学法人東京海洋大学における情報セキュリティ対策基本計画に基づき、情報セキュリティ総括責任者(CISO)、情報セキュリティ実施責任者、学術情報課職員のほか、部局技術責任者等で構成されています。

ミッション

情報システムの安全性維持および向上、リスク低減のために、大学として必要な対処を速やかに実施します。

構成員

2019年4月

情報セキュリティ総括責任者(CISO) 東海 正(理事)
情報セキュリティ実施責任者 島田 浩二(総合情報基盤センター副センター長 教授)
CSIRT主務担当者 室田 朋樹(総合情報基盤センター 助教)
総務部総務課担当者
学術情報課担当者
総合情報基盤センター担当者

活動内容

海洋大 CSIRTは、CISOの指示によって学内の情報セキュリティに関わる以下の業務を担当します。

  • セキュリティ情報のユーザへの提供(学内外への注意喚起等)
  • セキュリティ訓練、教育
  • セキュリティインシデントの検知(ログ収集、ログ分析・検索等)
  • インシデント対応(復旧支援)
  • サイバーセキュリティに係る情報収集・分析、脅威情報に基づく緊急対応
  • 学内情報システムの構成情報の収集およびリスク分析(システム強化の提言、情報システム調達時の支援、脆弱性検査等)
  • 外部連携(他機関との情報交換・連携強化等)
  • 情報セキュリティに関する相談窓口

連絡先

csirt(at)o.kaiyodai.ac.jp

PAGE TOP