東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

「宇宙インフラ利活用人材育成のための大学連携国際教育(G-SPASE)プログラム」開始

Last Update : 2013-04-25 13:27

2013年4月25日

東京大学・慶應義塾大学・東京海洋大学の3大学が
「宇宙インフラ利活用人材育成のための大学連携国際教育(G-SPASE)プログラム」を開始

4月28日(日)にプレスレクチャーおよび第1回マンスリーチュートリアルを開催

東京大学空間情報科学研究センター、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科、東京海洋大学海事システム工学科は、「宇宙・地理空間技術による革新的ソーシャルサービス・コンソーシアム(以下GESTISS)」を設立し、4月28日(日)より「宇宙インフラ利活用人材育成のための大学連携国際教育プログラム(以下、G-SPASEプログラム)」を開始します。

G-SPASEプログラムは、日本を含むアジア各国からの大学生・大学院生を主な対象とした国際教育プログラムです。宇宙インフラと地上インフラを統合しながら様々な革新的ソーシャルサービスを創出、あるいは再構築を行うといったサービスやシステムのデザイン力やマネジメント力を持った人材を育成することを目指しており、それぞれ特色のある3大学が連携することにより、総合的な教育を実施します。

また、プレスレクチャーおよび第1回G-SPASEマンスリーチュートリアルを4月28日(日)に慶應義塾大学 日吉キャンパス協生館にて開催します。ぜひご取材ください。

プレスレクチャー

第1回G-SPASEマンスリーチュートリアル

日時 2013年4月28日(日) 12:00~17:00
プレスレクチャー:12:00~12:45
第1回G-SPASEマンスリーチュートリアル:13:00~17:00
会場 慶應義塾大学 日吉キャンパス協生館3階C3S10(CDFルーム)
対象 どなたでも参加できます(定員80名・無料)
内容 プログラムの詳細は下記をご覧ください
http://gestiss.org/

本学お問い合わせ先

東京海洋大学広報室
TEL :03-5463-0355・1609
FAX 03-5463-0359
E-mail: so-koho@o.kaiyodai.ac.jp

関連ドキュメント

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP