東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

森榮 三菱マテリアル株式会社顧問が海洋工学部で特別講義を行いました

Last Update : 2013-05-23 10:39

東京海洋大学海洋工学部(越中島キャンパス)では、5月21日に学生及び教職員を対象に本学の卒業生であり、三菱マテリアル株式会社顧問である森榮氏をお招きして『「海洋立国・日本」を担う「本学・学生」の使命!』と題した特別講義を行いました。

講義のなかで森氏は、「日本は領海と排他的経済水域(EEZ)を合わせて世界第6位の面積を誇る海を有しており、今後のエネルギー政策の大きな柱として、海底資源の活用が重要になってくる。海底資源開発のためには、船に関する優れた技術が必要であり、それを担うのは君たち東京海洋大学海洋工学部の学生諸君である」という持論を展開されました。

また、坂本龍馬が創設した海援隊の話にも触れ、そのDNAを引き継ぐ東京海洋大学海洋工学部生は、その誇りを持ち、「ガッツ」ある「国際人」たれ!と学生を激励されました。参加した190名余は講義を熱心に聴講し、盛況のうちに終了しました。

森榮 三菱マテリアル株式会社顧問が海洋工学部で特別講義を行いました

一覧に戻る

PAGE TOP