東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

高校生、市民のための 第1回海洋・水産研究チャレンジセミナーを開催しました

Last Update : 2013-08-13 15:34

平成25年8月12日(月)に岩手大学釜石サテライトで、SANRIKU水産研究プロジェクト(岩手大学、東京海洋大学、北里大学)及びいわて海洋研究コンソーシアム(東京大学、水産総合研究センター他)が、震災復興を目的として、海洋・水産の可能性を追求したセミナーを開催しました。

セミナー会場には、高校生、釜石市民及び漁業関係者など多くの参加者を対象に、研究者からアワビの観察を始め、各種の研究内容が報告され、活発な意見交換が行われました。
今後とも釜石市さらには三陸沿岸地域全体の復興を目指して、 SANRIKU水産研究プロジェクト及びいわて海洋研究コンソーシアムは、研究活動を行うとともに、同セミナーを継続して開催することを予定しています。

行事内容及び会場

講演1階 セミナー室

13:00~13:05 挨拶 東京海洋大学 小川廣男副学長
13:05~13:35

発生工学を利用したサケとアワビの新品種開発~釜石発のブランド種苗を作ろう!~ 
東京海洋大学 竹内裕准教授

13:35~14:05

サケ類の遺伝子研究について 
岩手大学 阿部周一特任教授

14:15~14:45

放流サケ稚魚の初期生残率を向上させるための取り組み
北里大学 森山俊介教授

14:45~15:15

クロマグロ:熱い血潮を持つ魚
東京大学 北川貴士准教授

15:25~15:55

海の光と濁りについて 
東京海洋大学 荒川久幸教授

15:55~16:25

美味しさを保持する冷凍と解凍 
東京海洋大学 鈴木徹教授

体験ラボ 2階 機器分析室

MRIでウニの中身を調べよう!(東京海洋大学 松川真吾准教授、福岡美香准教授)

高校生、市民のための 第1回海洋・水産研究チャレンジセミナー

一覧に戻る

PAGE TOP