東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

遠藤伸明教授がAsian Shipping and Logisticsにて最優秀論文賞を受賞

Last Update : 2013-09-11 17:41

受賞概要

The 6th International Conference for Asian Shipping and Logistics (hosted by International Maritime Research Center of Kobe University, organized by The Korean Association of Shipping and Logistics, and sponsored by Korea Shipowners' Association)において、Shipowners' Association Prize for the Winner of the Best Paper Award(最優秀論文賞)を受賞した。  

受賞した論文のタイトル

Foreign Direct Investment of a Japanese Logistics Firm: Determinants of the Ownership Strategy in a Foreign Subsidiary

共著者

Nobuaki Endo,Naoki Ando,Toshiya Ozaki

内容

日本の物流会社における海外子会社の所有戦略の決定要因について、国際経営論の視点から分析を行った。企業レベルの要因として、競争優位性を形成する親会社が保有する企業特殊的な資産、海外の進出先で調達する補完的資産、国際経験に焦点をあてた。また、国レベルの要因として、海外進出先の国と母国との経営環境の違いに着目し、両国の間の制度の違いと所有戦略との関係について考察した。
 

一覧に戻る

PAGE TOP