東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

Anthony T.Tu(杜祖健)博士が岡本学長を表敬訪問

Last Update : 2013-10-08 09:17

平成25年10月7日(月) コロラド州立大学名誉教授、順天堂大学客員教授、千葉科学大学客員教授のAnthony T.Tu(杜祖健)博士が岡本学長を表敬訪問されました。

Tu博士は、毒性学及び生物兵器・化学兵器の世界的権威として著名な化学者であり、日本では、オウム真理教による一連のサリン事件において、サリンの分析方法を警察当局に指導したことで有名です。2009年には旭日中綬章を受章なさっています。このたび、本学海洋科学系の食品微生物研究室に招聘し、世界のバイオテロリスク及び危機管理についての知見をご教示いただきます。

また、Tu博士は、単身で台湾を飛び出し、留学生として渡米して以来、半世紀以上にわたってアメリカの大学において研究の第一線で活躍なさっています。招聘期間中には、グローバルなキャリアを切り拓いた先駆者として、海洋科学部学生を対象にした授業科目「グローバルキャリア入門」において特別講演(題目「日本の若者よ、世界に目を向けよ」)を行っていただく予定です。

なお、今回の表敬訪問には、Tu博士と親交の深い本学OBの信田臣一氏(信田缶詰株式会社元社長)が同席なさいました。

Anthony T.Tu(杜祖健)博士が岡本学長を表敬訪問

一覧に戻る

PAGE TOP