東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

江戸っ子1号が7800mの深海生物の撮影に成功

Last Update : 2013-11-27 12:17

本学が支援している、江戸っ子1号プロジェクトは、2013年11月21日から24日の海洋研究開発機構海洋調査船「かいよう」の実験航海で、深海7800m以上における深海生物の ハイビジョン撮影に成功しました。

この江戸っ子1号には本学の清水研究室が開発した海中通信技術が用いられており、プロジェクトを支援してきました。江戸っ子1号プロジェクトは、産学官金連携により深海探査機の開発と商用化を目的としており、多くの機関が関わっています。

産業界からは、(株)杉野ゴム化学工業所、(株)浜野製作所、パール技研㈱、ツクモ電子工業(株)、バキュームモールド(株)、岡本硝子(株)など、大学からは東京海洋大学、芝浦工業大学、官からは(独)海洋研究開発機構、そして金融機関の東京東信用金庫がコーディネータ役となり、研究開発を進めてきました。

今後とも、江戸っ子1号の市販に向けて 研究開発を継続する予定です。

江戸っ子1号が7800mの深海生物の撮影に成功

一覧に戻る

PAGE TOP