東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

エビの感染症(EMS/AHPND)の原因菌のゲノム解読に成功

Last Update : 2014-01-09 14:00

地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)の一環として、東京海洋大学 大学院海洋科学技術研究科の近藤秀裕 准教授と廣野育生 教授らは、東南アジア等で問題となっているエビの感染症EMS/AHPNDの原因の一つである病原細菌の腸炎ビブリオのゲノムを解読し、特徴的な遺伝子群の存在を解明しました。

要点は下記の通りです。

  • 魚病により一部の国でエビ養殖業は危機的な状況にある。
  • 養殖エビの感染症の原因となる腸炎ビブリオに特徴的な遺伝子群の存在を解明した。
  • 高感度な診断法の開発によるエビ養殖業への貢献が期待される。

地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)の一環として、東京海洋大学 大学院海洋科学技術研究科の近藤秀裕 准教授と廣野育生 教授らは、東南アジア等で問題となっているエビの感染症EMS/AHPNDの原因の一つである病原細菌の腸炎ビブリオのゲノムを解読し、特徴的な遺伝子群の存在を解明しました。

近年、エビ養殖業は一部の国において、EMS(Early Mortality Syndrome:早期死亡症候群)と呼ばれるエビの疾病により危機的な状況に直面しています。稚エビに発生し、死亡率はほぼ100%になります。2009年に中国で最初に報告され、次いでベトナム、タイ、マレーシア等の東南アジアにも広がってきており、2013年にはメキシコでの発生が報告されています。

肝すい臓に変色等の症状が現れ、壊死(えし)してしまうEMSは、EMS/AHPND(Acute Hepatopancreatic Necrosis Disease:急性肝すい臓壊死病)と呼ばれています。このEMS/AHPNDの原因は腸炎ビブリオであることが、2013年7月に米国アリゾナ大学ドナルド・ライトナー(Donald Lightner)博士等により報告されました。しかし、環境中には非病原性の腸炎ビブリオが存在することから、EMS/AHPNDを起こす病原性株との区別が不可能であり、高感度な診断法の開発が望まれていました。

東京海洋大学を中心とした研究グループはEMS/AHPNDの病原性株3株と環境由来の非病原性株3株のゲノムについて比較解析を行い、病原性株に特異的に存在する遺伝子群の存在を明らかにしました。

現在、この特異的な領域をターゲットにPCR法による迅速診断法を開発し、タイ国内において診断法の有効性について検証中です。今後、この迅速診断法によりEMS/AHPNDの原因となる病原性株を養殖池から除くような防除法の開発や、早期発見することで被害を低減し、疫学的な調査によりEMS/AHPNDを未然に防ぐことが可能になります。さらに、病原性

因子を特定することにより病原株のみを防除する技術開発も期待されます。
本研究は、タイ国水産局とカセサート大学とのSATREPS共同プロジェクトとして東京海洋大学 大学院海洋科学技術研究科の近藤秀裕 准教授ならびに廣野育生 教授らを中心とするグループにより実施したものです。

本成果は、以下の事業・研究領域・研究課題によって得られました。

地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)
研究領域 生物資源分野
研究課題名 次世代の食糧安全保障のための養殖技術研究開発
研究代表者 岡本 信明(東京海洋大学 学長)
研究期間 平成24年度~平成28年度

取材等のお問い合わせ先

東京海洋大学 広報室
〒108-8477 東京都港区港南4-5-7
Tel:03-5463-0355
E-mail:so-koho@o.kaiyodai.ac.jp

関連ドキュメント

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP