東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

岡本信明学長が日本水産学会賞を受賞

Last Update : 2014-04-09 16:34

受賞概要

日本水産学会賞は、学術研究上特別に優れた業績を上げ、水産学の発展に寄与した者に授与されるものです。平成25年度は、岡本信明学長が受賞することとなりました。

受賞タイトル

魚類ウイルス病の防除に関する研究

受賞した研究の内容

連鎖解析により、ニジマスのウイルス病である伝染性膵臓壊死症に対する抵抗性遺伝子座を見出し、特定の感染症に対する抵抗性遺伝子座の推定に魚類で初めて成功した。同様に、ニジマスの伝染性造血器壊死症とヒラメのリンホシスチス病に対する抵抗性遺伝子座を特定した。特に後者については、抵抗性遺伝子と連鎖するDNAマーカーを用いた親魚選抜に水産分野で初めて成功し、この手法で作成された抵抗性種苗は被害の軽減に大きく貢献している。また、魚類における細胞障害性T細胞の存在を証明し、その成果はウイルス病に対するワクチン開発への貢献が期待されている。

関連リンク(別ウィンドウでリンク先を開きます。サイト外のページに移動します)

一覧に戻る

PAGE TOP