東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

伊藤智子(水族栄養学研究室)氏が魚類栄養・飼料シンポジウム(ISFNF)において学生ポスター賞を受賞

Last Update : 2014-06-04 15:55

受賞概要

2014年5月25日から30日まで、オーストラリア、ケアンズで行われた第16回魚類栄養・飼料シンポジウム(The 16th International Symposium on Fish Nutrition and Feeding)において、水族栄養学研究室の伊藤智子氏が学生ポスター賞を受賞いたしました。

受賞研究(ポスター)のタイトル

GENE EXPRESSION OF DHA AND TAURINE SYNTHESIZING ENZYMES IN JAPANESE FLOUNDER PARALICHTHYS OLIVACEUS JUVENILES FED ON ROTIFERS AND ARTEMIA NAUPLII ENRICHED WITH DHA AND TAURINE.

受賞者

伊藤智子(東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科 博士前期課程2年 水族栄養学研究室)

受賞対象となった研究内容

ヒラメ仔魚にn-3高度不飽和脂肪酸およびタウリンを強化した生物餌料を給餌すると、未強化の対照区の魚と比較して、成長が改善されることを明らかにした。ヒラメ仔魚の高度不飽和脂肪酸およびタウリン合成酵素遺伝子の発現量を調べると、タウリン合成酵素遺伝子の発現に差は見られなかったものの、高度不飽和脂肪酸合成酵素の発現変動がみられた。

一覧に戻る

PAGE TOP