東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

平成26年度 練習船神鷹丸一般公開(気仙沼市朝日埠頭)を行いました

Last Update : 2014-08-01 15:21

平成26年7月31日(木)に東京海洋大学及び気仙沼市が連携して、同市の震災からの復興や地域振興に貢献することを目的に練習船神鷹丸の一般公開を行いました。
一般公開には、市内から100名を越す多くの来場者があり、乗船学生を中心に本船での航海の様子や設備に関する説明を行い、好評のうちに公開を終えることが出来ました。
東京海洋大学では、引き続き、気仙沼市との連携協定のもと市内に設置した三陸サテライトを中心に復興支援に関する取組を継続していきます。

日時

7月31日(木)13:00 ~ 16:00

  • 第1回目:13:00~14:00
  • 第2回目:14:00~15:00
  • 第3回目:15:00~16:00
場所 気仙沼港朝日埠頭
練習船神鷹丸の概要
  • 総トン数:649トン・全長 :60メートル・航海速力:13ノット

日本周辺から太平洋、インド洋の赤道海域までを主な実習教育、調査研究の海域とし、 航海・運用学等の乗船実習、海技教科の実習、海洋観測実習及びトロール漁業、イカ釣、マグロ延縄漁業等の実習を行っています。

平成26年度 練習船神鷹丸一般公開(気仙沼市朝日埠頭)

一覧に戻る

PAGE TOP