東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

海鷹丸 第44次航海帰港式が行われました

Last Update : 2015-03-06 13:11

平成27年3月4日、練習船海鷹丸の第44次航海(遠洋航海)帰港式が行われました。

海鷹丸第44次航海は、昨年12月1日に水産専攻科学生29名を乗せ出港した後、ジャカルタ、フリーマントル、ホバートに寄港し、94日間におよぶ航海を終え、3月4日に東京湾豊海水産埠頭に帰港しました。
水産専攻科学生はインド洋でのマグロ延縄実習、操船実習を行うとともに、南大洋においては、海洋物理・化学的観測を行いました。
また、寄港地ジャカルタではインドネシア、タイ、ベトナム、ミャンマーの国際交流協定校と共同ワークショップを開催し、各大学の教育研究体制について、議論を行うことが出来ました。
船内で行われた帰港式には、国立極地研究所関係者の皆様をはじめご臨席いただき、岡本学長の挨拶の後、野田船長が航海の無事を報告しました。

海鷹丸 第44次航海帰港式

一覧に戻る

PAGE TOP