東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

宮古港開港400周年を記念した海路を利用して宮古から江戸に海産物を運搬する「三陸俵物」の再現に練習船神鷹丸が協力しました

Last Update : 2015-08-17 15:40

江戸時代、船舶を利用し、海産物(三陸俵物)を宮古市から江戸まで運搬していました。この度、宮古港の開港400周年を記念し、本取組が再現され、その運搬役として本学練習船神鷹丸が協力しました。7月30日は好天に恵まれ、多くの関係者が立会う中、現代によみがえった海産物を運び込んだ練習神鷹丸が東京港に向けて宮古港を出航しました。

「三陸俵物」の再現に練習船神鷹丸が協力

一覧に戻る

PAGE TOP