東京海洋大学

MENU

News&TopicsNews&Topics

川合美千代准教授が DFO Prix d'Excellence 2015 (2015カナダ漁業海洋省「優秀賞(科学部門)」)を受賞

Last Update : 2015-12-22 20:09

受賞概要

川合美千代准教授がArctic Carbonate System Data Rescue Team (北極炭酸系データ救出チーム)の一員として DFO Prix d'Excellence 2015 (2015カナダ漁業海洋省「優秀賞(科学部門)」)を受賞しました。

受賞対象となった論文

  • Giesbrecht et al. (2014). Measurements of the dissolved inorganic carbon system and associated biogeochemical parameters in the Canadian Arctic, 1974-2009. Earth Syst. Sci. Data, 6, 91-104.
  • Miller et al. (2014). Changes in the marine carbonate system of the western
    Arctic: patterns in a rescued data set. Polar Research, 33, 20577.

Arctic Carbonate System Data Rescue Team(北極炭酸系データ救出チーム)のメンバー

Lisa Miller, Marty Davelaar, Kieth Johnson, Robie Macdonald, Fiona McLaughlin, Eddy Carmack, William Williams (カナダ漁業海洋省海洋科学研究所)
Karina Giesbrecht (ビクトリア大学)


受賞対象となった研究内容

北極海の海水中炭酸系成分のデータについて、カナダの機関で観測された過去のデータを集め、質のチェックを行い、1974年から2009年までのデータセットを作成した。また、作成されたデータセットを用いて、温暖化や酸性化に関連する炭酸系成分の経年変動の解析を行った。眠っていた貴重なデータを取りまとめ、新たな知見を生み出したことが評価され、受賞にいたった。

一覧に戻る

PAGE TOP